【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

本日「スターリンの葬送狂騒曲」(BSプレミアム、21日午後1時)

この前紹介した通りですが、当日の再告知。

スターリンの葬送狂騒曲
BSプレミアム9月21日(火)午後1時00分〜2時48分 



1953年、モスクワ。絶対的な独裁者として君臨してきたスターリンが死んだ。フルシチョフ、ベリヤ、マレンコフら側近たちは、表向きは厳粛な国葬の準備を進めながら、最高権力の座を狙い、互いを出し抜こうとする醜い権力闘争を繰り広げていく…。イギリス・アメリカの個性派・実力派俳優が共演、政治風刺作品を得意とするイギリスのアーマンド・イアヌッチ監督が、シニカルなユーモアたっぷりに描くブラックコメディーの快作。

www.nhk.or.jp


www.youtube.com


過去記事より。

スターリンの死後の権力闘争は、なぜ面白いのか?

・突然の、絶対権力者の死なので、だれも予想も準備もしてなかった。
・絶対権力者の下で、次の候補者の実力は横一列とはいわないが、まあ五十歩百歩
・ヨーイドンで始まる、食うか食われるかのレース
・誰かは序列、誰かは弁舌、誰かはスターリンの血筋、誰かは「調停役」を自称、誰かは軍の支持、誰かは秘密警察の支持…といろんな性質のある「異能バトル」

こういう煽りもあるかな。
HUNTER×HUNTER」「カイジ」「喧嘩商売」 などが好きな人には、絶対に面白い異能バトルもの!!

言い方を変えると
スターリン死亡直後のソ連の権力闘争は、ボードゲームにできそうなゲーム性がある」と。

m-dojo.hatenadiary.com