INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

2大会連続「アベック三角絞め」で「ボンサイ柔術王国」建国!RIZIN新章へ

なんで、この前の文章のコピペが一箇所の用語修正だけでそのまま使えるんだ…

先日のRIZINホベルト・サトシ・ソウザとクレベルコイケのボンサイ柔術勢がそろい踏み。「揃い踏み」というのは、同じ大会に出場すればそれで揃い踏みにフツーなるのだが、こいつらは「揃って下からの三角絞めで強豪から一本勝ち」というところまでそろい踏みしました(笑) ON砲のアベックホームランならぬ、SK砲のアベック三角絞め


(※あとで公式youtubeに動画がUPされるでしょう)


いやいやありえない話。
これは正確な統計でも取ってみればもっと明確になるだろうけど、そもそも三角絞めという技で決着する MMA の試合が激減しております。この決まり手の進化と言うのは、科学や統計のテーマとしても非常に興味深いものであるのだがそれは今後の課題としてとにかく三角絞めというフィニッシュが今や滅多にお目にかかれない。
50試合か、60試合に1回ぐらいの割合でやっと登場するんじゃないだろうか。
それをボンサイ柔術の二人は、さも当然のように極めてしまうのだ。それも有象無象の類ではない、両方とも間違いなく強豪で、しかも テイクダウン耐性が強いことで知られているファイターであります。
ちなみに「マウントを取ってパウンドでボコボコにして勝利する」というのも、初めて MMA ならぬ「バーリトゥード」が世界に登場した時はあれだけ頻発したのに、いまや三角絞め以上にお目にかかれないフィニッシュである。それもサトシは実際にやっている(vs矢地)のだから「令和のヒクソングレイシー」という異名は誠に当を得ています。
www.youtube.com

m-dojo.hatenadiary.com


ここからさき、あとで少し文章を加えます

引退も視野に入れるという朝倉未来の今後は

自分はそもそも、こういう感じ(要はクレベル有利)で見ていたので、今回見せ場も作った(打撃でコイケはぐらついた)朝倉未来が引退を考える要素は、試合内容からは全く存在しない、とは思う。
m-dojo.hatenadiary.com

ただそもそも、本人が「30歳で引退」「youtuberで十分稼げる」「新しいビジネスをしていきたい」と言っているので、そちらの方面から引退志向を持ち、第一線から退く可能性もわずかながらあるとは思う。
もしくは、引退を視野に入れつつ、一種「レジェンド枠」「ある時期の田村潔司枠」というか、意味ある試合…と本人がいう「顔見世」的な試合にシフトしていくかもしれない。要は一時期ささやかれたvsメイウェザー的な試合というか。


どれを選ぶかは未来自身の判断だろう。
しかし、もしRIZINフェザーに再び戻ってきたら、「コーカサスの雷」と、今回負けた同士で再浮上の座を懸けた一戦、とかありそうなんだよな・・・・・・