INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

脅威のアベック三角絞め……RIZINはサトシ、コイケの「柔術軍団」を中心に回る。

この話をまだ語っていませんでした。先日のRIZINホベルト・サトシ・ソウザとクレベルコイケのボンサイ柔術勢がそろい踏み。「揃い踏み」というのは、同じ大会に出場すればそれで揃い踏みにフツーなるのだが、こいつらは「揃って下からの三角絞めで強豪から一本勝ち」というところまでそろい踏みしました(笑) ON砲のアベックホームランならぬ、SK砲のアベック三角絞め
これ、あれこれの前に動画を見た方が早い。すぐ見終わる。
www.youtube.com
www.youtube.com


いやいやありえない話。
これは正確な統計でも取ってみればもっと明確になるだろうけど、そもそも三角絞めという技で決着する MMA の試合が激減しております。この決まり手の進化と言うのは、科学や統計のテーマとしても非常に興味深いものであるのだがそれは今後の課題としてとにかく三角絞めというフィニッシュが今や滅多にお目にかかれない。
50試合か、60試合に1回ぐらいの割合でやっと登場するんじゃないだろうか。
それをボンサイ柔術の二人は、さも当然のように極めてしまうのだ。それも有象無象の類ではない、両方とも間違いなく強豪で、しかも 寝技が強いことで知られているファイターであります。
ちなみに「マウントを取ってパウンドでボコボコにして勝利する」というのも、初めて MMA ならぬ「バーリトゥード」が世界に登場した時はあれだけ頻発したのに、いまや三角絞め以上にお目にかかれないフィニッシュである。それもサトシは実際にやっている(vs矢地)のだから「令和のヒクソングレイシー」という異名は誠に当を得ています。
www.youtube.com


サトシはライト級、コイケはフェザー級であり、これから始まるバンタム級トーナメントには二人とも縁がないのだけれども、逆に台風の目になったし、今回実際にメインを務めたサトシもコイケも、どちらも「メインイベントが務まる 人気ファイター」になりえるでしょう。
そうするともう一人のメインイベンターたる「路上の伝説 」朝倉未来との闘いや、フェザー級王者斎藤裕への挑戦というトピックがクレベル・コイケに関しては浮上してくる。
そしてあの戦いを見せられたら、軽薄ながら「コイケにどうやったら、今の王者・斎藤裕朝倉未来が勝てるんだ?」という視点で見ちゃう自分がいる。

まあこれも極端な見方で、イズマイウvs高橋義生の時代から「柔術家に寝技で勝てないなら、徹底的に寝技を拒否してスタンドで戦えばいいじゃない」という解がある。

朝倉未来は自分でも「自分はものすごく腰が重くて、テイクダウンされない自信がある」と語っているし、それは大沢ケンジも認めていたと思う。
その方がうまく成功すれば、打撃戦という点ではコイケが未来に勝つのはちょっと想像しにくいので、案外あっさりと未来が勝てるかもしれない。何にせよ、これはRIZINが本気になれば組めるカードなので期待大です。

サトシに関しては…現ライト級王者ムサエフの去就や、そもそも来日できる状況にあるか(何しろ彼の祖国では内戦があったばかりだ)という問題もあるが、それをさておいても自分が見たいのはホベルト・サトシ・ソウザvs青木真也、であります。

はい、近いんだか遠いんだかわからない。
この前ONEのあとに青木真也がマイクアピールしたり、その後「あのマイクアピールは、話題作りに決まってんじゃねーか」と言い出したりして、まあ難しいよねー、ってことは分かるんだけど。
でも、どんなふうに戦われるか…これは見てみたい一戦です。