INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

NHKが「密着庵野秀明・拡大100分版」放送へ。朗報だがこれが「当たり前」になるべし。

3月22日にNHK総合テレビで放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀庵野秀明スペシャル~」。その番組に入り切らなかった映像や、インタビューを新たに加えた100分の拡大版「さようなら全てのエヴァンゲリオン庵野秀明の1214日~」が、4月29日にBS1で放送されることになった。前後編に分かれ……

av.watch.impress.co.jp


わがブクマ

本来はね、こういうのがあって当然。ドキュメンタリーで、時間枠の関係で捨てられる映像がどれだけあるか。少し話題の作品は映画公開も視野に入れ、100-120分版が作られ、BSやネトフリなどで流す慣習を作ってほしい。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4701322828418632898/comment/gryphon


ただ、これは俺なんかが言う前に,すでにひとつの流れになっている。
たとえば地方局で作られる番組や深夜ドキュメンタリーなどは、やはり100-120分ぐらいに拡大した作品が、ミニシアターでの公開も含めて視野に入れられて作成されている。

たしかこれらの作品が、そういうものだったはずだ。

ヤクザと憲法――「暴排条例」は何を守るのか

ヤクザと憲法――「暴排条例」は何を守るのか

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 [DVD]

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 [DVD]

  • 発売日: 2021/02/26
  • メディア: DVD


あと逆に、NHKの動物・自然系のドキュメンタリーはそれを放送した後、30分版という形で「ダーウィンが来た!」でも同じ映像素材を使うことあるな。

「激闘 シャチ対シロナガスクジラ〜巨大生物集う謎の海域〜」
海の最強ハンター・シャチが地球最大の動物シロナガスクジラを襲う。衝撃的な狩りの瞬間を世界で初めて撮影した。場所は、オーストラリア南西部の沖合。最近発見されたばかりの「謎の海域」と呼ばれる場所だ。夏、直径1kmほどの狭いエリアに、マッコウクジラ海のギャング・ゴンドウクジラの大群など巨大生物が続々と集まってくる。さらに、深海には、あのダイオウイカの姿も!なぜこの場所で大集結が起きるのか?謎に迫る。
www.nhk.jp

ダーウィンが来た! 「巨大生物集う謎の海 シャチ対シロナガスクジラ
ダーウィンが来た

シェアするhelptwitterfacebook
海の最強ハンター・シャチと世界最大の動物シロナガスクジラ。両者が命がけで闘う衝撃的な瞬間を世界で初めて捉えた! 場所はオーストラリア南西部の沖合。最近発見されたばかりの巨大生物が続々と集まる「謎の海域」だ。夏、直径1キロほどの狭いエリアに、深海の覇者・マッコウクジラ海のギャング・ゴンドウクジラが大群で押し寄せる。なぜこの海に集結するのか? その秘密を探りながら、地球上最大の激闘に迫る!
www.nhk.jp

バラエティもそうやで。
爆笑トークを時間内に収めるために切りまくりでしょ?それが番組内でネタになるぐらい。特に明石家さんま出演番組(笑)
系列BSやネット番組で「拡大版」をやればいいんですよ。abemaTVと「しくじり先生」はそれをやってますよね

2019年新年度開講! あの『しくじり先生』がこの春、大復活――!! 地上波×AbemaTVが連動 AbemaTVでは未公開シーンを盛り込んだ“地上波授業の完全版”を放送! ※毎週月曜日 深夜0時15分 テレビ朝日地上波放送 ※毎週月曜日 深夜0時
abema.tv


そういえば、
三島由紀夫vs東大全共闘」は、配給したTBS内でなにやらドロドロした軋轢があって、金平一紀氏がそういうことを書いている、論座で。

webronza.asahi.com

映画『三島由紀夫vs東大全共闘』は何のためにつくられたんだい?
3月20日(金) 昨夜は少々飲み過ぎたか。最近、めっきりお酒に弱くなった。
(略)

 その後、時間ができたので、映画『三島由紀夫vs東大全共闘〜50年目の真実〜』をみることにした。みないという選択肢もあったが、いずれ喧嘩を売られた時のためにみておいてもいいかと割り切った。

 このフィルム素材には僕は個人的に長く深く関わってきた経緯がある。もう30年以上前に……(後略)

あっ、ここで今は途切れて有料なのか。TBS社内政治の陰湿な空気が感じられてよかったのだけど、有料で読む価値があるかというと、そこまでではない(笑)