INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「鬼滅の刃」最終巻購入で、多数が書店に行くとコロナを拡大させないか?

news.yahoo.co.jp

などなど、テレビニュースも含めほとんどのメディアが
鬼滅の刃」最終巻が発売されたこと
多くの購入客が書店に殺到したこと


を取り上げているが、タイトルのような問題は、ないのだろうか。
見た限りではそういう視点のニュースはあまり無し。


言ってることは、この前のこれに同じ。
m-dojo.hatenadiary.com



「書店はそれほど人が会話(=飛沫感染)しないし、並ぶときにソーシャル・ディスタンスを取れば感染拡大はない」といえるなら、それは一安心である。
まさに単行本購入は経済活動であり、「経済を回す」ことに貢献もしているのである。

その一方で、
「書店に行くということ自体が不要不急の外出のひとつである」
「本を触ったり、書店員に尋ねたり、同行者と並ぶ間雑談したりと、どうしてもリスクが高まる」
電子書籍で購入すれば外出も会話も接触も不要なのに、わざわざ紙書籍を選ぶ段階で防疫への注意が足りぬ」

いろんな批判の理屈は立ちそうでもある。


まあ、あれこれ比較衡量すると「買ってもいい」とは思うけど、皆さんはどうでしょうか