INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

WWE「レッスルマニア」中止を発表/井上尚弥の試合も延期を本人ツイート

グーグル翻訳で


スポーツエンターテインメントの大企業であるワールドレスリングエンターテインメントは、4月5日、ウイルスのTam延の中でフロリダ州タンパで大きな年次イベントが開催されないというニュースを共有しました。


ヴィンス・マクマホンCEOが率いる同社は、フロリダ州タンパの市職員と定期的に連絡を取り合っていることが理解されています。フロリダ州知事ロンデサンティスは、4月5日に大規模なイベントを開催することを提案していました少なくとも30日間のイベントと集まり。

「地元のパートナーや政府関係者と調整して、レッスルマニアとタンパベイでのすべての関連イベントは行われません」とWWEは月曜日の声明で述べた。「ただし、WrestleManiaは4月5日日曜日午後7時(東部標準時)にWWEネットワークでライブ配信され、ペイパービューで利用できます。WrestleManiaを製作するためにフロリダ州オーランドのWWEレーニング施設で必要不可欠な人員のみがセットになります」

マッハ12で、WWEはWrestleManiaで前進することを計画していると言っていましたが、「コンティンジェンシープラン」を導入し始めました。「4月5日日曜日にレイモンドジェームススタジアムでWrestleManiaを開催することに引き続き取り組んでいますが、政府当局、市民当局、および/または地元の会場によってキャンセルされた場合に備えて、緊急時対応計画を立てています。」時間。「私たちのファン、パフォーマー、従業員の健康と安全は私たちの最優先事項であり、私たちはタンパベイのパートナーや政府関係者と密接に状況を監視しています。」

(後略)
www.hollywoodreporter.com

9.11の2日後、2001年9月13日にも興行を打ち「アメリカ国民は不安に怯えて暮らさない!」と宣言したこともあるWWE。だが、やはりウイルスは様相が違う。



しかし、このスピリットだけは、相手が違っても、その対処法が別々であっても、共有したい。

…今夜、アメリカの魂はここ、テキサス州ヒューストンに生きている!(大歓声)
このアリーナにいるみんな、世界中でテレビを観ている視聴者達のために、我々は、この火曜日のNYとDCでのテロ行為の被害者、被害者の家族友人達に、哀悼の念を捧げたい。
我々の国の指導者達は、我々に日常、アメリカの日常に戻れと言っている。
我々の憲法で定められた権利を行使せよと言っている。そして私はこれが、あの火曜日の悲劇以来初めての、この規模での人々の集まりだと思う。
大切なのは、われわれのこの集まりがテロリズムに送るメッセージだ。
それは単純に『我々は、恐怖に怯えながら暮らしたりしない!』ということだ。
ヒューストンの人々は恐れない。テキサスの人々は恐れない。そして、アメリカ国民は恐れない。
我々は誇り高き国民だ。我々自身に、我々の国に、そしてアメリカ人であることを誇る(会場再び大「USA」コール)。
そして我々は闘う。我々は我々の家族のために、我々の権利のために、そして我々のこの偉大な国のために。
アメリカの心は傷ついた。しかし我々の魂は輝く、ちょうど我々の自由の灯火が決して消えないように。
(後略)
m-dojo.hatenadiary.com


井上尚弥の試合延期続報(確定)