INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「バキ」アニメ配信の権利をめぐる民事訴訟を知ってますか(今年6月判決)

へー。

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/976/088976_hanrei.pdf
(3) 窓口業務
漫画業界においては,漫画を掲載した雑誌又は単行本を出版する出版社が
10 当該漫画の著作権者の同意の下,自己の名で第三者への使用許諾を行う窓口
業務という商習慣がある。窓口業務とは,著作権者の代理人として,著作権
者の許諾を受けて,ライセンシーとの間で著作物の翻案,送信可能化及び譲
渡等に関する交渉を行い,自己の名で許諾契約を締結して著作権使用料を収
受し,監修等,許諾に伴い発生する作業の著作権側の窓口となる業務をいう。
15 (4) 本件アニメ化契約の締結及び本件アニメの放送
ア 原告の窓口業務を行っていた秋田書店は,原告の同意を得て,平成12
年9月22日,フリーウィルとの間で,本件漫画をテレビ用アニメーショ
ンに翻案し,公衆送信することを使用許諾することなどを内容とする契約
(以下「本件アニメ化契約」という。)を締結した。(甲5)
20 本件アニメ化契約には,以下の条項が置かれている。

フリーウィルが本件アニメを制作するに当たり,アニメーション制作費
及びテレビ東京電波使用料として少なくとも6億6900万円もの資本を
20 投下している(乙3,4)。本件アニメ化契約がフリーウィルに原著作者
の権利を譲渡するものではなく,本件アニメの最終放送から5年間に契約
期間が限定されていたとすれば,仮に年間1億円の売上げを上げたとして
も,フリーウィルは投下資本の回収すらできないことになるが,そのよう
な契約を締結することは不合理である。
25 イ 原告は,本件アニメ化契約を締結してから,14年間にわたり,本件ア
ニメの原著作者の権利を有しているとの主張をしなかった。

20
ウ 四者契約6条1項は,「本著作権にかかわる著作権」と,テレビ・アニ
メーションについての「原作者としての権利」という文言を使い分けてい
ることから,原告は,本件アニメについては「原作者としての権利」,す
なわち著作者人格権を有するにすぎないことを確認し,他方で,被告は「テ
5 レビ・アニメーションにかかわる著作権」を有するとされており,権利の
分属を前提とするような文言(例えば「二次的著作物の著作者」など。)
を用いていないことから,原著作者の権利をも含む完全な著作権が被告に
帰属することを確認している。
(3)ア 本件アニメの配信について,被告が原告に一定の支払をしたのは,窓口
10 として原告との友好関係を保つためであり,著作権料として支払っていた
ものではない。


あー、判決文、裁判文書は読みこなせば面白いのだろうけど、興味ない人には興味ないね。とりあえず、こういう民事訴訟があったよ、という情報だけお知らせ。
すごく有名で、ファンならみんな知っているのかな?検索した限りではそうでもなかった感じだったけど。