【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「妻子があっても別の人と恋愛」って「愛と性と家族制度の多様性」と考えられまいか?(再論)/荻上チキ氏が自分の体験含め語った!

――違法性の議論の前に『けしからん』と世論が沸騰し、選挙で選ばれた人がその地位を追われました。
「メディアリンチですよね」
 
――なぜ、こんなことになったんでしょう?
「日本社会のいじめ構造とでもいいますか。」
 
――しかしモラルの点ではやはり問題があったのでは
「とはいっても、辞職まですることはないんですよ」
 
――ありがとうございます。以上、「育休議員」宮崎謙介氏について語っていただきました。
「おい待て」

というネタを、http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160622/p1でかいたのは1年と少し前。

だが、
そもそも。

荻上チキ氏の話から…「家族の多様さ」を突き詰めるなら「不倫」ってなんだろう、と。 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160707/p2


「世の中に 不倫なるもの なかりけり 愛も夫婦も 多様なるゆえ」 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160119/p3

 

世間の誰に謝ればいいの? 内輪のことだから関係ないじゃん」は、実にリベラルな意見。「多様な愛の形があっていい」のだからそうなる - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160314/p2

 

 

「メディアリンチ」「違法性ないのに辞職に追い込まれた」という時、あの人のことも思い出してください。 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160622/p1 


LGBTの次は「ポリアモリー」』とのこと。まあ「多様な愛の形」から考えるとそうなるわな… - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20151206/p1

  

「婚姻制度」は一種の”パッケージ契約”。それは可能か?個別契約は不可能か?そもそも「公」に定めるべきか? - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20150222/p3

 

同性婚がOKなら一夫多妻(複数婚)もOKの筈」http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20150705/p2


これらは、煽りの意味とかは全くなく、荻上チキ氏が中心となって、ラジオ討論会などでテーマを掘り下げていくべき事案じゃないか、と思うのです。
・・・・と思ったら、ちゃんとコメントしてる


TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」、ニュースコーナー「Daily News Session」で、「民進党山尾志桜里・元政調会長が離党届提出」について、荻上チキがコメントしました。
https://www.tbsradio.jp/180483





思い出した話

呉智英「ホントの話」より〜

「私の友人が離婚しました。男性の方に恋人ができ、数年して離婚となりました。夫婦ともに私は友人だったので、いろいろ相談を受けました。男性に恋人がいることが発覚したころ、女性は私にこんなことを言ったんです。「彼に恋人ができて、何日も家に帰ってきません。悲しいです。私は、結婚していても人を愛するって大切だと思います。愛するってすばらしいことですもの。彼といつもそんなことを話し合っていました。でも彼が帰ってこないと、悲しいです」…友達甲斐がないようだけど、私はこれを聞いて笑っちゃったんですね。…「結婚していても人を愛するって大切」「愛するってすばらしい」なんて「彼といつも話し合って」いたら、そりゃ彼は恋人を作るって(笑)」

おまけ

収録しとく