INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

近藤vs美濃輪は「エキシ的追憶」にしかならなかったけど。新しい走者にバトンは繋がれた

ひさびさにリアルタイムでabemaTVの配信を見ることができた。
近藤vs美濃輪は、今の時の流れとは別のファイトだから、今の洗練された試合と違った「ノーガードのガチバチ」になるかもと思ったがその逆で、サークリングとカウンター狙いでともに手数が出ない試合だった。本当なら、イエローカードで動かすべきだったのではないか。リングコントロールの有無と最後は近藤の強打でダウン、美濃輪が下からのアームロックで対抗するというのはらしかったけれども。

試合として、いい試合になるというものではなかった。
セミにはふさわしくなかったが、それでも歴史を感じさせる意義はあっただろう。

この試合で両者と名試合を繰り広げた菊田早苗が花束をわたしたのはいい演出だった。彼もこういうノスタルジー・カードの枠で試合をすることがあるのだろうか。

そして郷野聡寛が、この試合に先立ってメッセージを送った。


しかし、それで注目を集めた後、徳留一樹が安定した地力を見せ、そしてメイン。


三浦広光もなにげに、まだパンクラスが世界的な独立勢力としての存在感を大いに持っていたゼロ年代から活躍するレジェンドのひとりだ。なんだかだと判定が続く中で、一発KOの爽快感は大きかった。
こういう新星が、そのままスターとなれれば、いろいろいい方向にまわっていくだろうな。まずはUFC日本大会に阿部・徳留は出場できるか。

ただ、このメインの試合、「藤井四段、連勝ストップ」の中継があった関係でabemaTV全体のサーバーが落ちたのは不幸であった(笑)