INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「昭和天皇物語」という漫画が、ビッグコミックオリジナルで連載開始する。作画は「月下の棋士」「哭きの竜」の…



別に作画者が作画者だからといって、マッカーサーと聖上が卓をお囲みあそばさるわけではない。
そりゃ「ムダヅモ」のほうだ(笑)…いや、あっちだってそんなのやってないよ!!




実はニッチ的な出版物では、皇室ものの一環として皇族を漫画で描く、というのは決してないわけではなかった。
ただし、これほどメジャーな媒体で堂々と描かれるというのは、やはり1989年に昭和が終わってから約30年(平成29年だから当たり前だ。そういえば、以前twitterで「昭和天皇ももう少し長生きされれば平成の世を見られたのに」という秀逸なジョークを読んだ)、時の流れがタブーであったものをタブーとしなくなる、という実例として見ている。


また、そもそも数年前だったか10年ほど前だったか、小林よしのり氏の

ゴーマニズム宣言SPECIAL 昭和天皇論

ゴーマニズム宣言SPECIAL 昭和天皇論

は、いくつか描写に異論があるものの、ドラマとしての描き方はさすがに迫力あり、労作だった。これによって「天皇を漫画で描く」ことへの遠慮も、さらに一歩踏み出して消す功績もあったろう。

ただ昭和天皇を漫画化、映像化するということ自体のタブーは払しょくされつつあっても、描き方、描写にはいまだにタブーが残っている部分もある。
原作が「半藤一利」氏の「昭和史」だという。脚本の人は良く知らない。


自分は、「秩父宮との関係」がどう描かれるのかに注目している。実は以前から
「この兄弟の関係は興味深い。直に描くのは難しいから、換骨奪胎して異世界(中世風)の王子二人、長じては王と王弟の物語として描けないか?」
と夢想したことがあったのでした。

そういう舞台を借りるのではなく、ストレートな「昭和天皇伝」としては、どう描かれるか。
また、なんだかんだといって、アナクロな皇室尊崇者が「こんなポンチ絵で畏れ多くも昭和天皇(直立不動、直れ)をおかきになられるとは不敬ぢゃ」的な反応を見せることも皆無ではなかろう。