INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「この世界の片隅で」主人公すずさんがまだ90代でご存命…という二次創作の絵がいくつか/だが、つい「帰ってきたヒトラー」の一場面を重ねてしまった…(笑)


まあ、探してみたけど、この2点しか無かったわ(笑)…と思ったら、その後3つ目を発見

さらに4つめ


【追記】ちなみに「いまも健在で、広島カープを応援している」は監督から直接出た言葉だったのだそうだ。ならば”公式設定”といってもいいのかもしれない。



あ、よく考えればtwitterでは少しリツイートを中心に紹介したり、書いたりまとめたりしたけど、ブログでは「この世界の片隅に」のこと書いてなかったな…見てきました。いい作品でした。
togetterは

映画『この世界の片隅に』感想・反響、関連記事リンクなど(その1) - Togetterまとめ http://togetter.com/li/1047897
映画『この世界の片隅に』感想・反響、関連記事リンク、ファンアートなど(その2) - Togetterまとめ http://togetter.com/li/1051689

「その2」には、うえのおばあちゃんの北条すずの絵も含めた、画像のファンアートも集めています。


彼女が存命なら、年齢としては「91歳」らしいね。最近逝去したある人物と絡めると、こんな話にもなる



実は最近「帰ってきたヒトラー」も見てきたのだが、その話の中で、ドイツの大衆や関係者のほとんどが
「面白い風刺劇だね」
「毒もあるけど筋の通ったお笑い芸人だなー」
「これは高視聴率間違いなし!」
…と笑ってみている中で、やはり90代ぐらいの、認知症のおばあちゃんだけがその本質を見破り(?)
「あなたヒトラーね!?」「この国をまた、どこに持っていく気なの!?」
と厳しく非難、追及するという一場面がありました。(※予告編の1分13秒以降を)

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫)

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫)

帰ってきたヒトラー 下 (河出文庫)

帰ってきたヒトラー 下 (河出文庫)

帰ってきたヒトラー」や「ドリフターズ」のような超自然現象が仮になくても、
この人物なら、すずさんと同じように「長生きしていた」で、まだギリギリ説明がつく…そして、同じくメディアの人気者に再びなった(なにしろ、戦後に一度それに成功しているのだ)この人を、すずさんが見て、なにがしかの感想を述べる場面もあるかも、かもしれない。

辻政信、存命なら113歳。ひょっこり「行方不明」から帰還するかも…の妄想話 (〜「帰ってきたヒトラー」映画化から) - http://togetter.com/li/886210


…追及するその人が、自分が戦争中何を信じ、何をいい、何を行ったかを忘れかつ棄却するための他者への追究は、追及という名の打ち切りにすぎない。
 いまそれを批判することは、戦時中を批判すると同様にたやすい。だが私はいつも、その批判の横から、奇妙な”戦時中の顔”がこちらをのぞいていることに、気づかないわけにはいかなかった。
 最初にこれを強く感じたのは、辻政信の華々しい復活であった。確か60年安保の少し前と思うが、参院選における彼の街頭演説の現場を偶然目にし、その痛烈な岸首相批判演説と実にみごとな演技と、それに対してやんやの喝采を送り、次々と握手を求めている聴衆の姿を見たときであった。なぜこれが可能なのか、なぜこれが常に通用するのか。なぜ彼が常に一つの「権威」として存続しうるのか。彼よりもむしろ、興奮し喝采し声援を送っている人々の姿に、私は、あの敗戦も克服し得なかった”何か”を感じた。
(「一下級将校の見た帝国陸軍」あとがきより)

一下級将校の見た帝国陸軍 (文春文庫)

一下級将校の見た帝国陸軍 (文春文庫)

あとからtogetterも作りました

「主人公の北條すずさんは、91歳で今もご健在。広島カープを応援」…「#この世界の片隅に 」監督の”公式設定”を受け、イラストや感想が - Togetterまとめ http://togetter.com/li/1054291