INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

肝付兼太さん死逝去。自分にとっては「ザ・声優」でした/その他の藤子・F・不二雄関連情報

【訃報】「ドラえもんスネ夫役・「銀河鉄道999」車掌役の声優・肝付兼太さん死去 - GIGAZINE http://gigazine.net/news/20161024-kaneta-kimotsuki-passed-away/

80歳。
たてかべ和也さんの訃報がこの前会ったばかりで、その時の弔辞のようすやご年齢のことも知っていたから、覚悟して見送ることができた。
というか、ドラえもんは彼らの出演シリーズが始まってから約30年たっているんだよね。50代のバリバリの人が、長命で天寿をまっとうしてもおかしくない時の流れだ、とあらためて思う。
ただ、声優の訃報はいつも衝撃があるのは、この仕事は本当に年配なら年配ならではの役割があり、社会的には現役がかなりあとまで続くからだろう。


で、表題の「僕にとってはザ・声優」というのは…テレビアニメや吹き替えドラマには「声優」がいて、いろんな役を演じているんだ、と実感できたのがまさにこの人だったからだね。声が、とにかく独特で、「あっ、同じ人だ!!」と子供でもわかったからだ。
わかったのはもうひとつ理由があって、肝付氏は天本英世岡本喜八作品には必ず出演するように、藤子・F・不二雄作品(いや、A作品にも)には、必ずレギュラー出演していたからだ。ケムマキやドラキュラとスネ夫の声が一緒なことは、さすがに気づくだろ(笑)
(※ただきのう、友人と話したんだが「エスパー魔美」と「プロゴルファー猿」には出てたかな?調べりゃわかることではあるが)

しかし不思議なもので、
スネ夫やドラキュラ、ケムマキは大当たり役とはいえ「キザで嫌味な役」に固定されてたかというとそうではなく、たとえば暴力武闘派、口でいうより手のほうが早い、脳が筋肉的な「じゃじゃまる」も見事に演じるし、やや外部から主人公を見守る穏やかな善人…である999の「車掌さん」も演じる。それも役役でまるで違うわけじゃなく、こども心に同じ声だと真っ先にわかるような声なのに、である。

それもまた名人芸というしかない。
ありがとうございました。



中年スーパーマン左江内氏」ドラマ化


中年スーパーマン左江内氏」は疑いなく傑作だけれども、今読むとまあ昭和的な価値観や社会風俗がたくさんあって、どうアジャストするかは興味がある。たとえば「女性の学歴」「こどもの塾通い」「窓際族」「上司が部下を飲みに連れていく(部下も期待していて、飲みに連れて行かないと評判が悪い)!」「与党と野党のなれ合い」「無修正ポルノ」……
どこに普遍性があって、どこは時代に合わせるかを想像すると難しくも楽しい。

福田雄一さんも参加する…って、そんな時間的余裕あるのか!?現在放送中のドラマやって、ジャンプ原作の映画2本企画担当して…


だが。
藤子・F・不二雄原作のドラマには期待しない!!と最初にいっておく。原作の知名度があがってまた世に出回ることだけを期待する。
この「期待しない」を覆して、わたしに謝罪させてもらえれば幸いだ。


格闘家・ジャイアン貴裕の試合入場曲に「あの声」が……

ジャイアン貴裕ってなんやねん、という方に説明すると

パラエストラ松戸」という柔術・格闘技ジムがあって(パラエストラとはレジェンド中井祐樹の道場の系列)、ここでの選手に「内藤のび太」と「ジャイアン貴裕」という選手がいて

こんな格好で入場してくる。
とくに内藤のび太はこんな格好で入場して修斗世界王者、さらにはアジア最大の格闘技団体ONE FCでも王者になっているから相手が困る。(ONE FCではそのリングネームはNOとなったとか…)
そしてジャイアン貴裕は「お前のものは俺のもの、俺のものはおれのもの」なので実質世界王者といったところか(笑)
(※いや実際、内藤選手は勝利後のアピールとか事前の煽りが苦手なんで、プロレスの極悪マネージャー宜しくそういうことはジャイアンがやってるのだ)

そのジャイアンは10月にDEEPで試合をして惜しくも負けた( ★DEEP CAGE IMPACT 2016 in KORAKUEN HALL:第2試合・ムン・ジュンヒ vs. ジャイアン貴裕 - 格闘技徒然草http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20161018/1476783249)のだが、親交のあった、たてかべ和也さんの生声を、生前にプレゼントされ、それを入場につかったのだという。
abemaTVは入場曲が著作権のアレでアレなので、広くきけないのは残念なところだが、記録として。
試合自体はabemaTV格闘チャンネルは再放送も多いので、うまく縁があれば見られるかもしれない。

https://abema.tv/now-on-air/fighting-sports