INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

今回、abemaTVやニコニコ動画は、天皇陛下「お気持ち」映像を配られなかったのだろうか?要求や抗議はしたのか

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2839979.html

天皇陛下の「生前退位」の意向をめぐり、陛下の「お気持ち」が8日午後3時に公表されます。憲法上の立場から「生前退位」に直接言及しない形でのお気持ちの表明になるものとみられます。宮内庁前から報告です。
 8日午後3時に、ビデオメッセージ形式で公表となる、天皇陛下からの異例の「お気持ち」。長さは10分程度で、「象徴天皇」としての務めについて、今の「お気持ち」を述べられるということです。憲法上の立場から「生前退位」について、直接的には言及されない見通しです。
 宮内庁は陛下の「生前退位」の意向についての報道が出て以降、「事実は一切ない」と否定する一方で、水面下で「お気持ち」の公表について調整を進め、3日前に公表の日時について明らかにしました。方法については高齢者や障害者などにも配慮し、あらかじめ字幕を入れることができる「ビデオメッセージ」の形式が、採用されました。

http://www.news-postseven.com/archives/20160807_436599.html
「陛下が10分程度のお言葉を事前に収録し、録画を流すという説、生放送でお気持ちを述べられるという説が広まった。発表の時間についても『おそらく午後』という情報しか出てこない。NHKは午後7時のニュースにギリギリ間に合う時間帯での情報解禁を希望し、民放は夕方の時間帯を求めたようだ」(同前)

共同通信の報道にも、こういう個所がある。

収録前の5日に「8日午後3時」と日時を発表して周知。耳が不自由な高齢者らも意識し、テレビ局が字幕を入れる時間まで考慮して収録映像を解禁前に報道機関に配った

さて、この「報道機関」だが…
素材が動画、ビデオメッセージである以上、テレビ局を中心とした各機関に配ったのだろう。
だけど、「ニコニコ動画」や「abemaTV」、ほかにもあるだろうけどネット系動画で、「放送(リアルタイム配信)」があるところは、この映像を配ってもらったのかな?


初めから没交渉で、ネット側もはじめから要望もしなかったのか、
要望したけど断られたのか、
そもそもどこに配られたのかは、わからない(調べてない)。



ただ、宮内庁にドわんごやらサイバーエージェントやらが、「ひろく国民に知ってもらうことが目的なのですよね?わが社のネットサービスはXXXX人の視聴者がいます。ここに素材を頂けないというのは公正公平の原則から考えてもおかしいではないですか」と正面から要求したらどうなるのだろう。というか、「はてな」だって可能だったかもしれない。


一応、メモ代わりに「そこが気になった」と書いておく。