INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

司馬遼太郎、山岡荘八、田中芳樹…元ネタ(原史料)探しはたのし。…そして「徳富蘇峰こそ、近代歴史小説界の手塚治虫」なのか??

まとめたtogetterでございます

家康など、歴史小説等の「出典・元ネタ」話〜山岡荘八司馬遼太郎田中芳樹、そして徳富蘇峰 - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/653638

いろいろさらに補足したいのだが、時間ないので紹介のみにて。
途中に出てくる史料や書籍

司馬遼太郎 『覇王の家』 とその依拠史料
http://t.co/jRP3cwo9S9
「本稿では、今日の司馬評価を決定したと思われる『坂の上の雲』,後半部と同時期に書かれた『覇王の家』における依拠資料の分析と、その本文批判の水準を問題にしてみたい。さらに主人公・家康に対する司馬評価の…

司馬文学を解剖する
●今や絶滅寸前の日本の史伝文学
●司馬作品「関ヶ原」をテキストに読み解く
歴史小説家・司馬遼太郎の本領発揮
●史実と創作のはざまで
徳富蘇峰「近世日本国民史」の影響
●平成の史伝文学の可能性

しくじった皇帝たち (ちくま文庫)

しくじった皇帝たち (ちくま文庫)

http://blog.goo.ne.jp/jchz/e/a5f52c14715b2d23f1633e175ea1522f
燕王軍が南京に攻め入ったとき、健文帝は僧侶に変装して地下道から逃亡し、忠臣たちとともに39年の間、各地を放浪したという伝説がある。これを「健文出亡伝説」と言い、幸田露伴の小説『運命』は、これを題材にしたものである。

(略)この作品は「一般に、露伴の生涯第一の傑作とされてきた」そうだ。しかし、その文章は、タネ本『明史紀事本末』を、ほとんどそのまま引き写しているだけである、と著者は指摘する。独自に付け加えた文辞もあるが、これがまた「漢文張扇」式で、けたたましいばかりで内実がない。史料の理解も粗雑だし、そもそも、あり得ない与太話を、露伴は頭から信じて『運命』を書いている、と著者の批判は留まるところを知らない。

その「運命」は青空文庫で読める
http://www.aozora.gr.jp/cards/000051/files/1452_16991.html