INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

マーク・ハント、ステロイドについて語る「使いたい奴は使え。だがステロイドで、俺のパンチは防げない」

ゴン格最新号は「パンチ」を特集している関係で、ハントがインタビューに答えている。
 
その中で、薬物についても効かれている。
アントニオ・シウバ戦が10年に一度の激闘と絶賛されつつも、ペザオンのほうに薬物チェックが入り、ドローからハントの勝ちになった、そんな経緯を踏まえてものだ。
(シウバの側にも言い分があるようだが、それはどこかでチェックを)

それについての彼の感想。

俺は勝っても、負けてもやるだけのことはやったと、満足して試合のあとにベッドに入ることができる。ステロイドを使っている人間が勝ち、それがバレていなくても、俺と同じような気持ちで眠ることはできないだろう。彼ら自身が、自分が何をやって勝ったのかを理解しているから

ビッグふっととの試合は、今でもドローだと思っている。でも勝とうが、負けようが俺はベストを尽くした。それで良いんだ。ステロイドを使いたいものは使えばいい。俺のパンチはステロイドで防ぐことはできない。そして、ステロイドは体に悪いということは頭に入れておくべきだ。……(略)俺のようにハッピーな気持ちで現役生活に幕を下ろすことはできないよ。(略)…使っている者は自分が何をしてきたか、常に振り返ることになるんだ。


かこいいね。