INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「芦原英幸正伝」より補遺/人を殺せる「裏サバキ」とは?

gryphonjapan@gryphonjapan

も少し「芦原英幸正伝」から。

芦原英幸正伝

芦原英幸正伝

 
『すし屋に入った時、愚連隊風情の人間がいちゃもんをつけてきた。芦原は黙って箸袋を少し折り曲げると、右手でヒュッと飛ばした。すると剃刀のようにその若者の頬をザックリと切った。傷口がパックリ開き、しばらくして血が噴き出した。「もっと痛い目に遭いたい?」』
posted at 14:10:55

1月24日@gryphonjapan
gryphonjapan@gryphonjapan

八幡浜じゃワシはもっぱら手裏剣じゃのうてナイフ…手裏剣と言っても数多くあるけん、一本手裏剣について言えば全部鉄やろ。けどナイフは重心が安定しとらんのよ。手裏剣投げよりある意味ナイフ投げのほうが難しいけん」「八幡浜の神様に頭を下げながらご神木に向かってナイフを刺しちょったんよ」
posted at 14:15:16

 
1月24日@gryphonjapan
gryphonjapan@gryphonjapan

「片手だけで投げようとすれば首を捻らんかぎり、絶対に不可能じゃけん。ただその捻り方にコツがあるんよ…『肩崩し』『腰砕き』など14のサバキがあるんよ。絶対生徒には終えん。これをワシは『裏』と呼んでますけえ。なかでも一瞬で相手を即死させる技がありますけん、危険やから人には教えん」

ちなみに最後のくだりは

”ケンカ十段”芦原英幸が土下座した相手……「物語の英雄」になる苦悩(「芦原英幸正伝」より)
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20140124/p1

で紹介した
打撃で人を3秒で殺せますか?無理。打撃を極めたワシが言うんだから無理です
と矛盾してない?という疑問をtwitterで頂いた。
実にいい質問ですわあ。
まさにそれが、その後の
しかし投げやったら三秒で人を殺せるんです。棟田先生は柔道の猛者なだけやない。警察逮捕術の達人でもあった。空手じゃワシが先生でも、柔道や逮捕術ではワシは相手にもならん
とつながるのです。
つまり裏サバキ、サバキの本質は実は空手ではなく、合気道や逮捕術を元にした相手の関節を極めて、投げて、叩きつける技。だからこそ芦原は「裏サバキは一瞬で相手を即死させる」と豪語したし、そのサバキ技術を生むための師匠だった棟田氏が「空手バカ一代」のザコ悪役(ってほどでもないが)のモデルになったときは土下座せんばかりに「申し訳ない」、と思ったと…
ちなみに、表のサバキ…空手着を引っ張ったり、身をかわしたりのレベルのサバキはあくまで教えるためのサバキ、道場のためのサバキ。その真の効果については……そのへんは、同書を参照のこと。

某弟子氏の、「ボクの芦原英幸せんせい」。

前回のコメント欄から。

id:fullkichi1964 2014/01/25 07:30
いやー「空手バカ一代」直撃世代としては、ホントに芦原英幸がマス・オーヤマにこんな口のきき方したんだろうかと・・・正直、ホンマかいなと(苦笑)。
ついでにいえば棟田氏の件については「名前変えてるんだし、言わなきゃ分かんないんじゃね?」と(笑)。芦原さんが「あなたがモデルになってるんです」と言わなきゃ分からないレベルではないのかと。いや本文読んでないから何とも言えないけど。

正直、芦原氏の大山倍達総裁への口調と合わせ、話ふくらませてるとこがあるんでないかとも・・・小島一志氏のウィキでの叩かれぶり(と、本人の異様なテンションの反撃)も併せて考えるとねえ(^^;)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E5%B3%B6%E4%B8%80%E5%BF%97
 
gryphongryphon 2014/01/25 10:41
いや、直接芦原館長と接したこともある同会館のひとの話を聞くと、これぐらいの口調はあり得ると思います。

【その人の体験談】
おれたちが昇段試験に出たときは、芦原館長がじきじきに見てくれたんだよ。いや緊張したし、見る目も厳しい。
それでちょっと、館長が技術に難があった試験者を見咎めてね、
館長『そこのお前!名前はなんていう!』
その人「押忍!大山です」(偶然)
そしたら館長「大山だあァ??? 駄目だお前はァァァァァ!!!」
その迫力、いやあ、びびったびびった。

 
fullkichi1964 2014/01/25 10:51
ますますこれは読んでみなければ(笑)。

と、いう話を、その弟子氏にフィードバックしたところ、

あのときはたしか『駄目だお前は』だけじゃなくて
「お前は技が悪いと思ったら、名前も悪いな!!!」
とか言ってた。

そうな。
そんな話を資料として。
ちなみに「指導を途中で抜けて、ショートホープキャスターマイルドを旨そうに吸う姿も印象に残っている」とかとか。

コメント欄より

その弟子氏 2014/01/29 09:33
先代の愛したタバコはショートホープではなくて、キャスターマイルドです。健康のために、できるだけ軽いタバコにしているのかな・・・と思った記憶があります。一服しながら、周りの道場生たちに気さくにいろいろ話しかけ、なにかにつけ「どう思う?」と聞いていました。