INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ちょっとうれしい、世界のニュース。

■小麦生産、過去最高に増加か−ドミノ・ピザなどコスト低下へ
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MXKQJZ6KLVRP01.html
12月10日(ブルームバーグ):小麦の収穫高が過去最高水準に達すると予想されている。記録的豊作は過去6年で4回目。これにより、世界の穀物在庫が膨らみ、米ベーカリーカフェチェ−ンのパネラブレッドや宅配ピザチェーンのドミノ・ピザなどのコストが低下しそうだ。
世界貿易機関WTO)の5日の発表によると、2013年6月−14年5月の世界の小麦生産高は7.7%増の7億1100万トンと……収穫前の在庫は2.5%増えるとみられており、供給過剰が示唆されている。ソシエテ・ジェネラルは、シカゴの小麦先物相場が来年4−6月(第2四半期)までに6.3%下落し1ブッシェル当たり6.10ドル…

穀物メジャー」と聞くと、反射的に「ゴルゴ13」を思い出すのは私一人でしょうか(そうだよ)。
しかしまあ、円安と消費税増税インパクトを多少なりともやわらげてくれるだろうか。「豊作」はニュースになりにくいかもだし、小麦が安値なら安値で泣く人も多いのだが、とりあえずパンの素がこう安くなって、おしなべていえば悪いことはあるまい。

デング熱の感染例が55%減少!フィリピンで配布され絶大な効果を生んだ“蚊とりボトル”
http://adgang.jp/2013/12/45981.html
ィリピンのマニラ首都圏で浄水や下水処理サービスの提供を行っているマイニラッド社は、オリジナルの“蚊とりボトル”を開発し、市民に配布しました。

“蚊とりボトル”の仕組みは至ってシンプル。材料はペットボトル、水、ブラウンシュガー、イーストだけ。
(略)
ブラウンシュガー、イースト、水が混ざることで二酸化炭素が発生し、蚊をおびき寄せ、ボトル内に侵入した蚊は抜け出すことができずそのままボトル内で死んでしまうという仕組みです。

自分はもともと「シンプルで低コストな発明が、(特に発展途上国の)生活の質を向上させた」という話が大好きなので、ここに紹介したい。日本も同じような分野で、防虫剤を繊維に練りこんだ「蚊帳」をアフリカに普及させ、効果を挙げていることをちょっと誇ってもいいだろう。
砂糖とイーストじゃあ、本当に貧しい国だったら横流しされたりなめられたりするかもしれないが、やはり効果はあるだろう。
まず来年の夏、ネットでこの「蚊ホイホイ」を試してみて、UPしてみる。

■「俺がビールを入れた罠を庭に仕掛けたら、なめくじが捕れ過ぎる」(画像あり)
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20120819/p5

に登場した子たちも、いまや彼らを駆逐して、ひまをもてあましている。NOK団(なめくじを大いに駆除する団)からKOK団(蚊を・・・(略)団)に衣替えして、蚊どもをことごとくヴァルハラに送り込んでやるのだ!!


意味はないが、ぞうもつをはみださせたなめくじの姿を皆さんに再度お見せしたかった。