INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

学生(部員)の貴方は、体罰教師(顧問)に「次は許さんぞ」と言えますか?(朝日新聞)

2013.01.23朝日新聞、連載企画「スポーツと体罰」第7回
ラグビー日本代表、エディ・ジョーンズヘッドコーチ
オーストラリア出身だそうだが、そもそも出発点がちがう。

私は13歳の時、1回だけ体罰を受けた。
授業で、米国人の先生に髪の毛をつかまれた。私は「また同じことをやったら許さない」とその場で言った。
紙面より

1960年生まれのエディの13歳のとき、の話である。
その後ラグビーの指導者として大活躍した人の個性なのかもしれないし、豪州の自由と人権尊重の教育の成果かもしれない。あるいは今の日本の子どもたちも、案外こんくらいのことを言える子もいるかもしれない。
ただ、自分の実感としては・・・まず自分がその年齢ならそうは言い返せなかっただろうし、今も日本では言えない13歳のほうが多いんじゃないかな、まず事実として。それは伝統や文化、「空気」もあるだろう。
とりあえず、ある豪州の13歳は1973年に…先生の体罰(髪をつかむ行為、である)にこう言い返した、という記録である。