INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

伝説の”漫才コンビ”再び…タモリとさんまの「日本一の最低男」本日復活

http://natalie.mu/owarai/news/80748

タモリ・さんまの日本一の最低男」明日いいともで復活
 
明日11月30日(金)の「笑っていいとも!」(フジテレビ・関西テレビ系)に、明石家さんまがゲスト出演。「タモリ・さんまの日本一の最低男」コーナーが放送される。
かつて「いいとも!」に長くレギュラー出演していたさんま。特に名物となったタモリとのトークコーナーは、めまぐるしくそのタイトルを変えながらも絶大な人気を博していた。・・・

この前自分が「SPIDER」の紹介のとき「記録されずに消えていくのが勿体無くて、必死でバラエティの掛け合いを録画していた」と書いたが、実はそのメインはこのタモリとさんまの即興漫才だった。
両者とも既にピンで大物中の大物になっていながら、即興のしゃべり(だと思う)で、普通の漫才コンビの練りに練ったネタに、負けないぐらいの爆笑をとっていた。
その後ビートたけし島田洋七が「B&BEAT」を結成するのだが、彼らは深夜番組登場ということもあり「いいかげんなつくりで話がぐだぐだになる」こともギャグの一つとして扱っていたから、出来自体はずっとタモリ&さんまのほうが良かった・・・
今考えたら、視聴率的にも大衆の目に触れる確率的にも「90年代最高の漫才コンビタモリ&さんま」だったんじゃないだろうか?
 
とくに歴史に残る、といえるのは明石家さんま大竹しのぶの離婚成立直後の、この”漫才”で・・・そういうとき、さんまはさすがにコーナーをお休みするかと思いきや・・・タモリは「はい終わり」「はい次」と、あからさまに、その前のコーナーすべてを早く終わらせるそぶりを見せ、(それをギャグにしていた)ふつうの2倍ぐらいの放送時間をその漫才コーナーに設定。
さっそくさんまは「あんた、わざと前のコーナー早く終わらせたやろ!」とツッコむところから、実におもしろおかしく自分の離婚をトークしていた。
というかシリーズ化して、1カ月ぐらい離婚をメインテーマにトークしてたんじゃなかったか(笑)。
本当は動画を紹介したいが、この「いいとも」のタモリ・さんま漫才はフジテレビの権利管理部門ががんばったのか、残念ながら「離婚」ネタも含めネット上ではみつからなかった。
 
そんなコンビが本日昼、限定復活。