INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

結局今年の大晦日、あるのか、ないのか・・・?「マット界 噂の三面記事」

【ゼロゼロ年代】ジャパニーズMMAの光と影を完全総括!
晦日 最後の聖戦 DREAM大逆転開催へ/「PRIDE vs K-1」2大メジャー決別の導火線

マイク・ベルナルド「剛腕の死と詩編27篇1節」◆青木真也とPRIDEファミリーの6年間◆マスコミが作り上げた格闘技ブームの正体
◆現金300万円を持ち歩いたK-1戦士のバブル◆石田光洋×川尻達也MMA青春対談◆盟主K-1なき「立ち技業界」の躍動
◆地下格闘技暗闇その最前線!!◆フジテレビ格闘番組はこうして作られた◆日本最大プロ集団 和術慧舟會 栄光の日々
ほか

個人的には、このちょっと小さめのムックサイズが好きで、Dropkick本紙もこうしてほしい。

さて、その巻頭記事になったDREAMと大晦日に関してだが・・・

「開催へ」とうたわれていても、実をいうと具体的な指摘があるわけではないみたいなんよ。あるのは逆算の論理で

「アリーナは基本的に前年開催者に優先権がある。DREAMが、予約権利を手放したという話は聞かない。だから大晦日の予約権は、まだあるだろう」というのがエビデンスだ。

しかし、それでは弱い。
IGFと組む可能性は完全にいま消滅して、IGFは両国で単独開催となる。
そこで噂となっているのが「グローリーとの協力」「ONE FCとの協力」らしいのだが・・・。

ただし後者は http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20121006にあるように、10月6日にONE FCが大会を開き、しかも大晦日をやるなら「持ち駒」となるべき日本人選手を大量に消費・・・したとなると、ちょっと無い気がする。もう青木真也朴光哲も若くない、ここでもう一度大晦日、とはいかないだろう。まあこれは推測。

海外関係者 (略)・・・ただ、次のONE FCは10月6日にあるじゃないですか。その次回大会をまだ発表していないんですね(略)・・・もしかしたらSA大晦日開催に備えて・・・(略)あくまで想像ですが。


グローリーは・・・12月2日、千葉は幕張で初の日本大会。立ち技ルールのこの大会のあと、日本でMMAの大会を開けるかなあ?お金だけ出して運営をRE関係者に任せるにしても。


こうやってちょっと無理して、あるいは
○ミ\(・_・ )トゥ ←丸投げ
しても大晦日、SAでやるメリットは・・・ひとつには「大晦日に自分の冠をつけた大会を日本で開けば『PRIDE,DREAMの後継者』『アジアを制覇した』というイメージをアピールできて、投資家へのPRになるのでは」ということではないか、と同誌は推測する。

その名誉というか、アピールに、どれだけの「投資」価値が生まれるか。

【追記】このニュースと連動させて読んでみてください。

晦日DREAM系大会の噂(追記)
http://sadironman.seesaa.net/article/297851235.html

その他の話題に関しては後日。