INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

田中芳樹「銀河英雄伝説」が”自社製”で電子書籍化されるまで

http://a-hiro.cocolog-nifty.com/diary/2012/02/post-f5a4.html

銀河英雄伝説電子書籍版のご案内です。


 私の会社でマネージメントをしております作家、田中さんの著作につきましては、以前より、読者の皆さまから電子書籍化の要望が数多く寄せられていました。
 しかし、田中さん本人が根っからのアナログ人間で、電子書籍について否定的な考えをもっていたことから、その実現は難しいと・・・(略)

 とはいえ、電子書籍には紙の本にはない多くのメリットが存在しますし、このまま紙媒体のみの流通というのも読者の皆さまの選択肢を狭めてしまうことになります。
 この点を繰り返し、田中さんに説明した結果、このたびついに田中作品の電子書籍版の出版が実現することとなりました。

 ただ、その際の条件として「電子書籍を商売にしている会社に丸投げするのではなく、できる限り、君たちがやりなさい」と指示がありました。そのため、既存の電子書籍問屋さんとの提携ではなく、私の会社が出版元となって電子書籍の販売を行うことになりました。 
一方、このように直接、電子書籍事業を行うことで、大幅なコスト削減を実現…作家さんへの印税率は紙媒体の標準とされる10%に、数%ていど上積みされる程度となっておりますが、これを最小20%から最大50%まで…もちろん、これは私の会社が極端な小規模経営であることで実現したことではありますが、出版の将来像を見るうえで、ひとつのテストケース・・・(略)このほか、田中芳樹ならびに弊社所属の作家の作品で、絶版のものや入手困難なものを対象に、電子書籍化を進めていきます

まあ、なるよね。
今の作品の質はともかく(笑)、絶対に長く読み継がれる鉄板の名作を過去にものし、そして事務所(会社)を構えてスタッフがいるのなら、しがらみを抜きにすれば「自分たちで電子書籍を出版する」のが一番いいだろうとは思う。


将来的にこれが普及したりするなら、膨大な人名やエピソード、細部の設定があるこの作品からの「引用」がしやすくなるのも、読者的にはありがたいだろうし。