INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「反橋下(平松)陣営の一部が『文春・新潮の橋下出自記事は、同情をひくための橋下側の自作自演!』と言ってた」(今井一)

12月3日に初回放送された、朝日ニュースター愛川欽也パックインジャーナル」録画を、ようやく本日見ていた。
楽しみ?だったのは大阪ダブル選結果で、キンキンとゆかいな仲間たちがすっごい結果に失望、橋下徹批判を展開すると思っていたんだが・・・
聞いておどろけ、
キンキンこと愛川欽也は橋下押し!!!
二木啓孝さんに聞いたら、『大丈夫、橋下圧勝だよ』って」
「橋下さんへの攻撃はなんであんなにすごくなっちゃったんだろう」
「かなり攻撃されて」
「メディアがたたきはじめた」
とか、用語の選択からして、彼の橋下びいきが透けて見えました。というか明白に支持。
これについては後述します。

で、ゲストに、「生涯一国民投票運動」の今井一さんが出てましてな。どこに住んでるか分からないけど、イントネーションを見る限り関西人なのかな?かれがこう言ってた・・・原文起こし(放送開始から1時間24分)

ぼく、この前この番組に出させていただいたときに言ったんですけども、橋下さんのことが嫌いで平松さんを応援したいという人ほどですね、橋下さんの教育基本条例は批判しつつ、あの文春と新潮の記事についても批判すると、そういう態度を示して欲しいと言ったんですが…、
残念なことに負けた後で、反橋下・平松陣営の人がですね、一部ですよ、『あの週刊文春と新潮の記事は、橋下の自作自演だった』、とまで言ってるんですよ。(二木:やだねそれ)『あーやってね、お涙頂戴で票を増やした』と。そこまで言うのかと。がっかりですね。

ジャーナリストの今井氏が、直接的な体験として聞いたことを話しているのだから、実際にあった発言なのであろう。これこそ『オフレコ破り』をして、誰が言ったかはっきりさせるって手もあるかもしれないが、まあ(人物特定に関しては)語らないという立場も一方で全く理があるので別にかまわない。

また、実際に橋下徹陣営が自作自演を行ったというなら、それはそれで問題にしていいとは思うが、この語り手がそもそも信憑性については鼻で笑っているので、そこは考慮しなくてもいいだろう。
とりあえず、こういう発言があった(…とジャーナリストが直接体験として証言した)ということは、記録に残す必要があると思ったので、遅ればせながら文字化。或る意味、わがブログってインターネット界に、パックインジャーナルのネタを輸出する仕事を請け負ってるけどね(でも最近、見るのを相当さぼってます。すいません)あとひとつが、大石英司ブログ(笑)。
 
むかしはパックインがYahoo動画にUPされていたが(ただしフルサイズではない)、いまはもう終了してる?
http://streaming.yahoo.co.jp/

今井一氏と国民投票について

いま調べたら、今井一氏はtwitterのアカウントもある。不審な点、もっと知りたい人がいたら直接聞くのもいいだろう。
http://fr.twitter.com/WarszawaExpress
 
この人は12月10日から(東京で)、原発国民投票の運動を開始する、とも同番組で。詳細はこっち
http://kokumintohyo.com/

【追記】ここに新説!「今井一、ガセネタ語った」説!!!(可能性があるとのこと)

紹介します。

id:bogus-simotukare
id:gryphon、いやさあ、君の文章読む限り、今井一とやらがガセネタ流したって可能性もあるだろうに「実際にあった発言なのであろう」じゃねえよ(毒)。本当に印象操作好きだな(嘲)

上杉隆や岩上安身を例に挙げて、今井氏も・・・という論法(これは新鮮!)

bogus-simotukare メタブ熊。あれだけ上杉とか岩上とかいろんな「フリージャーナリスト」がネット上で批判浴びてるのにid:gryphonがそこまで今井信じられる根拠は何なんだろうね?

そうだ、これはぼく(Gryphon)の実体験

現在、わずかながら国会に議席を持つ、(前身の党から数えると)伝統豊かな政党から国政選挙に出馬した経験もある、さるかたと雑談して、テロとか脅迫とかの話題になった。その中で「『作る会』教科書の採択に”賛同する”側が、脅迫電話を受けた例とかもあるようですね」という話になったら、今井さんの体験と同様に「それは自作自演だよ!」と先方から断言された。根拠は聞き損ねた。(自分もその人の名は明かしません)
ヒトラー最後の日々」が日本で上映された年だったな。だって小生は、その映画でヒトラーが「私もスターリンを見習うべきだった!」と叫ぶシーンを思い出して、「やっぱり両極端は相通じるのか・・・」と内心、一人で納得してたからね(笑)

キンキンが橋下支持の理由

パネリストが教育基本条例に関して、予想通り批判一色になったときにキンキンの反応
「なにもかもがすばらしいってことはないねえ」
なにそのリアクション。かと思ったらネタばらし。
(放送後1時間32分)

「ぼくはね、橋下さんに対して魅力あるな、と思ったのは原発反対なんですよ」

わかりやすっ!(ガビーン

でもね皆さん、長年この番組にお付き合いしていると感じるが
、キンキンの「庶民力」はハンパじゃない。TVドラマでは主演もし、劇団の座長も務めるが、思考や発想は、この前わたしが創価学会婦人部を評して言った表現、「庶民の中の庶民」「ザ・庶民」なアレですよ。
つまり…今回実際に投票した「庶民」の中にも、愛川欽也さんと同じ発想で橋下氏に一票を投じた人はかなーりいるんだろうな。

下のエントリに続く