INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

インドで「ハットリくん」ブーム到来?インドでリメイクも?

http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20111101

29日(土)、京都国際マンガミュージアムで「藤子不二雄Aトークショー」が行なわれました。
…何日か前に、このトークショーの主催者の方から出演依頼をいただきまして、私(※リンク先のid:koikesan)は代表質問者というかたちで15分間ほど藤子A先生とやりとり……

「現在インドで『忍者ハットリくん』が大人気で、日本でつくったアニメの話数だけでは足りなくなったため、インドでアニメ『忍者ハットリくん』が制作されることになりそう。日本へ逆輸入なんてこともあるかも(笑)」というA先生からの新情報もありました。インド版忍者ハットリくんがどういうものになるのか非常に気になります。

同コメント欄より

あんじゅ
2011/11/01 21:02
初めまして。
以前からこっそり拝読しておりました。
忍者ハットリくんがインドで大人気というのを読んで、
「あっ!」と思いましてコメントいたしました。

Twitterで、私のフォロワーさんの一人がインド在住の10代の女の子なのですが、その子が半年ほど前に「Ninja Hattori!!」と英語でつぶやいておりまして…。
「知ってるの?」と英語で尋ねてみたところ、「みんな知ってる!知らない子はいないよ!」というふうに返ってきました。
今回の記事を拝読して、そのことを思い出しました。

日本の漫画・アニメが世界に進出するとき、無国籍であるべきかオリエンタルな味を打ち出すべきか、という議論はよくあるが、ニンジャはもはや共有財産であって、その議論も無意味なのだろう。
ナルトもいまだに、海外人気では一番だという。


おいらのtwitterでの感想

gryphonjapan
インド版ハットリ君は、ぜひとも日本への断片的なイメージ(偏見ともいう)を全開にしちゃってください。なに、どんな事実誤認にクレームが来ても、川内康範レインボーマン」を持ち出せば、おあいこってことになりますから。

あっちはあっちで、「日本の山奥で 修行すると、不思議な力が身につくかもしれない!」と夢いっぱいなのかもしれませんよね。
そう思うと魔法以上のユカイ。なんだそれ。
日本のプロレスラーが海外にいったら、ニンジャギミックを期待されるのも仕方ない話である。