INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

そういえば年末に向けての「賞レース」が活発化。

まずはここ
http://d.hatena.ne.jp/toronei/
経由で
■「魔法少女まどか☆マギカ」 第32回SF大賞候補作にノミネート なぜSF?
http://alfalfalfa.com/archives/4768514.html

むかしはSFのほうから「こういうのはSFじゃない」と門前払いをする勢力があった(「アオイホノオ」参照)が、いまは「SFなんかといっしょにすんな」といわれるご時勢。それも極端な言い方ですが。

6巻に載ってるみたいでーす
アオイホノオ (6) (少年サンデーコミックススペシャル)

アオイホノオ (6) (少年サンデーコミックススペシャル)

検索のついでに関連記事みっけましたー。
http://ikesanfromfrneore.blog64.fc2.com/blog-entry-3724.html
http://beatarai.blog90.fc2.com/blog-entry-2198.html


進撃の巨人」「友達100人できるかな」が入るべきであったと思ったり。まあ個別の議論はともかく、SF大賞は広がったほうがいいのでして。浸透と拡散って、古いフレーズが今出てきたことに自分でもおどろきましたけど。

だが進撃の巨人はA先生の「ンマ〜〜イ!」賞を受賞(意味不明)

http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20111101
・・・講談社漫画賞を受賞した諫山創さんの『進撃の巨人』について、「巨人が歩いているだけですごく絵になる作品だった」と(※藤子不二雄A氏が)評しておられました(こういう言い回しはされなかったかもしれませんが、そういう意味のことをおっしゃいました)。

文化庁メディア芸術祭賞は絶賛審査中。

もう決まっているのかな?、発表は12月か
http://plaza.bunka.go.jp/festival/2011/outline/

おれもどっかの漫画賞の、投票権とかくださーい、と声をあげておく。

いや、おなじみ年末ムックにはときどき、漫画ブログの主催者とかも投票している場合があるので。うちもアイマアイマに「漫画」カテゴリを書いているので、どっかの人が見てくれたらお情けで投票権くれっかもしれないと思ったので、ダメ元でアピールだけしておこうかなと。

つっても、手元にある2010年の「このマンガがすごい!」で、ブロガーとして関係している人は
紙屋研究所
「大切なことはマンガから教わった」(Mixiコミュニティ)
「マンガがあればいーのだ」
といったところで、ほとんどUFCファイターぐらいの格だけどね。
 
だから言うだけ言ってみるのよ、ただだから。
しかし、もっとまともにマンガや読書レビューをやっているサイトは、それをだれかが糾合して「集合知」を生み出すようなことがあってもいいかなー、と、これは毎年思っているな。


昨年は「見えない道場本舗」のマンガ賞は年度末にしたけど、どうしようかな今年は。初登場漫画も多く、年末に戻してもいいかな。どっちでもあっても、自己満足にはかわらんし。