INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「統一教会GPSストーカー事件」で米本和広氏語る&荻窪駅近くダミー施設

そうそう、有田芳生氏のブログやtwitterを見にいったのは民主党内戦の話ではなく、米本和広氏のブログを読んだからだったっけ。でもまあ、それに反応できるような状況でないのも確かだ(笑)
米本氏のブログの新エントリは
■宇佐美氏が真実を語る
http://yonemoto.blog63.fc2.com/blog-entry-247.html
先の統一教会信者がストーカー容疑で逮捕された事件について「これは犯罪ではない」「明らかな不当逮捕」という大胆なことを言うている。
同ブログの 
「婚約破棄が当人の意思によるものかを確かめる目的で、婚約破棄された者が当人に「つきまとう」のは、法律で定めるストーカー行為ではない」
 
「婚約者から弁護士を代理人とする「婚約破棄」の通知文が送られてくる。本心を確かめたいと思って、婚約者に連絡を取ろうとするが、実家にはいない。どこにいるのかわからない。こうした場合、<ときおりどこかに出かける父親の車にGPSを設置すれば、居場所がわかるのではないか。もう、それしかない!>と考えた。こうしたケースの場合、GPSの設置は許されるのかどうか。・・・意見がわかれるところだろうが、GPSを無断設置しない限り、婚約者の居場所を知る方法がないとしたら、あなたはどうするのか」
という議論の組み立て方は正直異議ありで、「いやそういうときでもGPS(発信機)とか盗聴器は(違法ではなくても倫理的に)禁じ手だ」と主張したいところだが、それはそれとしても「犯罪にはならない」と言うのが米本氏の主張。
これに対して有田芳生氏の意見を聞きたかったのだが、まあこの一つ上のエントリの通りの事情で、有田氏の見解はしばらく聞けそうもない。

我らの不快な隣人―統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇

我らの不快な隣人―統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇

を最近読むことが出来たけど、有田氏が何回か出てきている。
【追記】と思ったら、今日統一教会がらみの集会に出て報告するらしい
http://twitter.com/#!/aritayoshifu/status/38363175317409792

@aritayoshifu 有田芳生
雨か。さて京都へ。霊感商法被害弁連の集会へ。統一教会の国会議員工作の実体。ストーカー信者逮捕と教会御用ジャーナリストの錯誤などについて報告する予定。

あっ「ストーカー信者逮捕」とあるから米本和広ブログの内容への直接的な批判もあるか??

「やや日刊カルト新聞」より。荻窪駅近くに統一教会ダミー団体施設?

http://dailycult.blogspot.com/2011/02/sla.html

統一協会統一教会)新ダミー施設判明!その名は【S・L・A】
 ■新たなダミー施設
 統一協会統一教会)の新たなダミー施設が判明した。その名称は【S・L・A】、おそらく『杉並ライフアカデミー』の略であろう。統一協会杉並教会管轄のビデオセンターであり、JR荻窪駅から程近い青梅街道に面したテナントビルの5階と6階・・・

発見後のルポも実に迫真の文章で、一読の価値あり。



やや日刊カルト新聞の主筆はイベントにも出る。
面白そうだが3月9日か・・・12日が修斗後楽園なんだよな
http://dailycult.blogspot.com/2011/02/blog-post_14.html

3月9日、東京・新宿のネイキッドロフトで、トークイベント「宗教を越えて、宗教と共に 〜世界3大宗教からカルトまで〜」が開催されます。日本のメディアではとかく国際紛争やテロ、カルト宗教事件のニュースで取り上げられることが多い「宗教」。でも宗教って、そんなに怖いものなのか? 国内外の取材で宗教に触れてきたジャーナリストたちが語ります。

「宗教を越えて、宗教と共に 〜世界3大宗教からカルトまで〜」
【日時】2011年3月9日開場18:30/開演19:30