【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

名古屋のルイ・ボナパルト「ブリューメル18日」ならず?ポピュリズム政治の蹉跌

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010112502000048.html

頭のてっぺんからつま先までポピュリズムによって市政を運営してきた河村たかし市長だが、そのポピュリズムもあれだけの大都市で「有権者の三分の一の署名集め」はやはり不可能であったのか。
(無効が多すぎる気は多少するが…)

まあそれは一種の蹉跌、敗北であるけども、結局は依然決められた法的枠組みのハードルが思ったより高かったということであるよね。
今回の市長の動員力、それは「この程度か?」なのか「こんなに!」なのか、その後の政治状況次第でありましょう。ただ「敗北」自体が彼の人気をどう変化させていくか。これはちょっと読めない。