INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「石井慧戦・直前OK勇者列伝」に金原弘光を追加。金ちゃんコラムを電子書籍にできない?

堀江ガンツtwitter
http://twitter.com/#!/horie_gantz/status/2360410124582912

@horie_gantz 堀江ガンツ
金原弘光選手と電話で話す。なんと土曜深夜、金ちゃんのところにも「石井慧戦に出られるか?」という連絡が来たという。もちろんOKの返事。残念ながら落選だったが、こういう選手何人かいたんだろうな。

ほう、さすがだ。
こういうふうに並ぶと、知名度はともかく(笑)少なくとも実力の面において柴田より適切な選手はいたんだなあ…というのは確定だな。インターバル問題を考えれば言わずもがなで、もともと柴田がカンッペキに不適当な相手だったんだが。ただ「まかり間違ったら石井に勝ってしまいそうな相手は排除する」と考えるとけっこう強い打撃を持つ金原・大山峻護が落選したのもわからないではない。

kamipro「金ちゃんのどこまでやるの?」が50回を突破。これをまとめて電子書籍にできないかしら?

これはジャスト50回のときに書きたかったんだけど、いい機会なのでここで。kamiproは携帯サイトなども含めて金原にコラムを長年書かせていて、さらにインタビューや対談ホストも多数だが、ほぼ100%が読み物としてすっごく面白い。格闘家の名文家、名語り手というと高阪剛郷野聡寛はすぐに名前が挙がるが、実はこっちの分野でも金原は実力に見合った評価をされていない不遇な面がある(笑)。
いや、鉄板の持ちネタ「Uインターの道場生残酷話」「宮戸、中野、安生先輩」「田村潔司」などもあるしさ、そして所英男エイブル・カラム戦勝利に導いたときのコーチとしての分析も、抜群の知将ぶりで、なぜテレビ解説のオファーが来ないのかわからないぐらいだった。
 
そういう点で「金原の本が読みたい!」と言えば簡単なのだが、セールス的な問題があることはさすがに承知している(笑)。…で、そこで浮上するのが電子書籍だと。
作り直さなくてもいいから、今までのkamipro「金ちゃんのどこまでやるの?」をそのまま並べて、プラス過去のインタビューや対談・鼎談をまとめると、300円ぐらいで販売できる電子書籍がすぐできるんじゃないかなあ…と思う次第。毎月半ページの連載とはいえ、51回ぶんとなればちょっとしたもんですしね。少なくとも自分は、バックナンバーのkamiproもあるけれどもあらためてほしいねっ。
もちろんプラットフォームをkamipro(の発行元)がイチからつくるのもコストがかかるでしょうが、じゃあミルホンネットを借りるとか(笑)。
オチがついた。