INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

そうそう「講談社格闘技漫画ゼロハチ組」の新刊がこの秋そろい踏みした。

あらためて上の「鉄風」を含めて紹介。ゼロハチ組というのは小生の勝手なくくりで、講談社で2008年に連載を始めた格闘技漫画に傑作が多い、ということです。

鉄風(3) (アフタヌーンKC)

鉄風(3) (アフタヌーンKC)

紺谷可鈴のジムに入門し、総合格闘技の技術を習得していく石堂夏央。いよいよアマチュアの試合に出場することになった。全ては馬渡ゆず子と闘うため。だが、以前夏央が道場破りをした空手部の二人・沢村早苗と我如古舞も黙ってはいない。早苗は空手部顧問管野から夏央と闘う技術を習いはじめ、我如古は夏央に野試合を仕掛ける。そしてリンジィ・コルデイロは早くもプロのリングに立つ! 新・総合格闘技漫画、絶好調

からん(5) (アフタヌーンKC)

からん(5) (アフタヌーンKC)


オールラウンダー廻(4) (イブニングKC)

オールラウンダー廻(4) (イブニングKC)

アマゾンの紹介文って担当編集者が書くんだろうか?なんにせよ、「鉄風」周辺の人は努力してるなぁ。ただ、「作品の知名度は掲載雑誌の力にも大きく左右される。全体的に売れてる雑誌に載ってればもっとヒットしたのにという漫画も枚挙に暇が無い」という(「吼えろペン」参照)。講談社ゼロハチ組、果たしてこの後の道は。
この3作品については、何度かこのブログで本格的な書評を含め話題にしているので、興味のある人は適宜「日記内検索」を上の窓からやってみてください。