INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

藤井恵の海外知名度が急上昇中らしい

こちらを参照
http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-905.html

MMAサイトでは、さすがに藤井恵の露出が目立ってきた。22連勝という数字・・・こんな記事も出回…
「メガメグはベラトールにとって、いや、女子MMA全般にとって、神からの贈り物だ。ジナ・カラーノがそうであったように、藤井もまた、人々の女子MMAに対する関心を呼び覚ました。」

数年前にbodogFIGHT、そして今回はベラトールのトーナメント決勝進出と、全米で3位とか4位のプロモーションに出て、無敗街道を続けているのだから当然と言えば当然なのだが、めでたい話だ。
自分の売り込みはあまり上手くないのだが(笑)、それでもしゃべくりは上手くてあちらの格闘技メディアでは、アジアMMA事情の解説者として重宝されているジョシュ・バーネットが「男女を通じてのパウンド・フォー・パウンドなんだ」などとふいてるのも走行したのだろうし、海外は日本以上にレコード重視というから空前絶後の22戦無敗、が効いてもいるのでしょう。

海外記事の翻訳では

・・・カラーノが主にルックスで衝撃波を送ったのと違い、藤井の静かで謙虚な態度と技術的な習熟度は、かえってライト層ファンの目にもアピールし、女子格闘技を前進させる・・・

リンク先のブログ主は「なんだか藤井のルックスでは衝撃波は送れていないような言い方」と突っ込んでいてぶわはは。
海外メディアには「てめー贅沢言ってるとWINDY智美を送り込むぞ」と言っておこう。

そーいえば、ジョシカク漫画「鉄風」では、ずっとレギュラー的に出ていた女子格闘技の強い人(「東の女王」紺谷可鈴)が唯一敗戦し、同作品の日本女子格闘技界で人気・実力を二分する「西の魔女」というのが出てきて、それがそういえばフジメグっぽくもある。