INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

川尻、石田が抜けたDREAM70kg戦線…中村大介らが「繰り上がり」で菊野を追う?

昨日は、選挙のことだけのエントリを書いたため、格闘技ネタはお休みしました。

さて再開し、もう一度DREAMについて。


菊野克紀に関しては「結果がすべて、JZカルバンを越えられなかった時点で大失敗」てな声もあるけど、私はあれでも十分かと思っています。たとえると「グループリーグは突破」したかな、みたいな。ぶぶぜら。
コーナーで、実は聞く野の方が押し込むシーンが多かったのは驚いたですよ。

まあ、1Rはおそらくポイントを取ってただろうから、2Rは0-0、時間を費やすだけ費やして「勝ちきる」ぐらいのしたたかさが欲しかったけどねー。逆にカルバンが2Rは優勢なポジションを作ったまま、5分をそこで消費し「勝ちきって」しまったです。


ま、でも合格点だという個人的な定義をしたうえで、この前書いたように本来的には川尻達也vs菊野克紀の因縁の試合、日本人挑戦者決定戦を希望するのですが、川尻選手の長期欠場という可能性はやはり否めないかと。
そして石田光洋が、またUFCから戻ってきて「最後の挑戦」を行う宇野薫フェザー級に落とすという。
ヨアキム・ハンセン宮田和幸もだから、この前までDREAMの中心だった70kgの層が急に薄くなったことは否めない。
そこでどうしますか?となれば、「繰り上がり」的に中村大介選手らはどうでしょうか、と。
この前のASTRAは、文句なしのファイトオブナイトでしょうし、天突頑丈に勝利と言うのも実績として誇るに十分。だいぶご無沙汰でしたが、DREAM凱旋というのは十分にあり得る話ではないでしょうかね。
で、天突頑丈修斗以外のところにもこだわりなく出る意識があるなら彼も大歓迎、いずれかは戦績次第で再戦を、ということも含めてDREAMで闘ってほしい人材であります。
そして、菊野に敗れて再起を狙う弘中邦佳、少しDREAMを離れ修斗やKOTCでやってきた朴光哲中村大介に一本勝ちの実績を誇れる小谷直之(※DREAMに出る意思があるかは不明)。永田克彦は残念ながらって感じ。それに勝った井上克也のほうがまだいいくらいで。

そんな感じの選手たちで、もう一回序列を作ってもらう。
そして上位は”菊野克紀狩り”に乗り出してもらったりとかもあるでしょう。
あ、もちろん菊野はDEEPの70kg王者でもあるからして、DEEP50の記念大会あたりでDEEPのトップとの「入れ替え戦」にも挑まなければいけない可能性もあるのだが。