INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

吉田道場の選手が来るなら、DREAMの日本人選手が迎え撃てばいいのになぁと単純に思いました。

【ミドル級ワンマッチ】中村和裕vsカール・アモーゾ
フェザー級ワンマッチ】小見川道大vsジョン・ヨンサム、
フェザー級ワンマッチ】石田光洋 vsDJ.taiki、
【ライトヘビー級王座挑戦者決定戦】ゲガール・ムサシvsジェイク・オブライエン
の4試合。

爆弾発言小僧ことDJ.taiki

俗に、マイク三倍段と呼ばれる。だれだよこいつを会見に呼んだの。
オファーを受けたのが2日前で、こんな急なオファーを受けたのは5年前の今泉堅太郎戦以来で、焦って動揺しているというか、今回は万全の準備はできないですけど、これまで培ってきた経験を生かして闘うしかないと思っています」とコメント。
「ストライカーの天敵のようなスタイルの選手」と石田の印象を語ると、「実は僕、“塩漬け”の選手にこれまで一回も勝ってないんですよね。キッチリ全部判定負けしているので、そこはなんとかしないと上に行けない。今回は相当厳しい闘いになると思う。普通に行ったら判定負けすると思うので、秘策を用意するしかないと思います」と…」

ライブで聞いてたとき、なんかもっと危ない発言があったような記憶があるが。

ナチュラルにフェザーとバンタムが分かれていく、のかどうか。分かれるなら…

DJへのオファーが2日前らしいけど、石田選手は既に減量を始めているとか。何しろライト級からの転向だから大変だろうね。

で、小見川道大は記者会見で「65kgより落とす気は無い」と断言!それじゃタイトルにも挑戦できないじゃん、と思ったりもするのだが、笹原さんは「もともと63kgは61,65kgどっちも参加できるのを目的にした。最終的に二つになればいい」と。
わたしは個人的にそれに賛成で、その手始めに大沢ケンジやKIDのように「俺はバンタムだから。高谷とかとは体重違うから」とナチュラルに自分から分かれていくのがいいかなーと思うんですが、もしそういうふうに分かれるんだったら、石田はむしろフェザー寄り、DJはバンタム寄りなんじゃね?

なら、小見川参戦交渉や石田の減量開始は2日前よりさかのぼるだろうから、DJに急にオファーするよりは

小見川道大vs石田光洋
でよかったんじゃね?
というのが素朴な疑問でした。おもしろそうだしな。
こういうプランが実際あったとかいう噂もちょっと聞きましたが、実現しなかったとしたら何ゆえ実現しなかったんだろう、と。
もしプランがあったなら、どっちが断ったのかしら、と。