INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「格闘技漫画」色々特集/アメトーーク「バキ芸人」/kamipro も次号は漫画

NHBニュース( http://blog.livedoor.jp/nhbnews/ )とダブルポストです

http://beye2.com/item_25046.html
http://sadironman.seesaa.net/article/152455716.html
経由で
http://www.tv-asahi.co.jp/apps/page/back_number.php?P_ID=32&C_DIR=yokoku&TYPE=pc&CNT=200&ORDER=up

6月17日(木)は
グラップラー刃牙芸人

ケンドーコバヤシ東野幸治関根勤キャイ〜ン天野&次長課長・井上&バッファロー吾郎
=======
kamiproも次号は格闘漫画を特集の予定で取材中。
http://twitter.com/kamipro_saitou
から抜粋すると、
ハロルド作石
古泉智浩
木多康昭
宮下あきら氏らに取材しているようです。
===========

木多氏の取材は、町山智浩氏のポッドキャスト番組との連動だった様子
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20100515

町山智浩が好きな漫画家先生にインタビューしていくこのポッドキャストに今まで登場してくれた漫画家の先生方は…・・・木多康昭先生と続きます!

てなわけで。
「バキ」については、そりゃチャンピオンの看板背負って十何年の人気漫画だが、それをテレビでやるってのがすごいわ。あ、深夜アニメとかにもなったんだっけ。あとツッコミどころはそりゃ多いが、噂によると作者の逆鱗にふれるといろいろ怖いそうだから(笑)がんばれよ。具体的には担当編集者。古泉智浩って人はこれから調べる。


kamiproは、漫画特集自体は面白い試み。ただ、驚くほど自分とはかぶらなかったな。ハロルドって人はヤングマガジンでパンチパーマのボクシング書いてる人だっけ?読んでない。

宮下あきらは天上人だが、そもそも格闘技漫画ってことでいいのかどうか(笑)。なら嵐馬破天荒さんにも取材してほしかった。

木多康昭は何度も描いたが、
「実力はあるも素行不良につき破門」のたぐいである(笑)。
あの人のは個人的には、ランキングから故意に外している。

木多康昭が自作をいろいろ語った講演会について

kamiproの内容とかぶることはあまり無いだろうけど、以前かれが話して評判になった講演会・・・知らない人は少ないかな?一応紹介してみましょうか。
http://blue.ribbon.to/~cagami/dansyaku_kita_talk.shtml

【平成義民伝説 代表人について】
・(wikiの「実在の芸能人がモデルとみられる人物が多数登場したため、連載開始直後からその危険性が指摘されていた」に触れて)木多「これは間違いで、正確には連載開始前から問題視されてました」
・木多「冨樫先生のネタまではやりたいと思ってた」(ということは、冨樫先生のネタが引き金になって打ち切りではなく、打ち切りだから悔いがないよう冨樫先生ネタをやったということ?)

・社内恋愛で不倫してたことを幕張でネタにされた瓶子編集だが、浮気相手(かずはじめ先生?)と再婚したらしい。
・島袋先生ネタは、ちゃんと島袋先生に連絡して、島袋先生がOK出してから掲載してるらしい。島袋先生本人はどうでもいいみたいだけど、集英社の編集は「そんなのOKしないで下さいよ!」と怒ったらしい。
・幕張は先生が自分からやめた。やめなかったら代わりに遊戯王が終わってたらしい。
・木多「遊戯王は、なんか良く分からない友情パワーとかで勝つのが許せなくって。担当が同じだったから、担当を通して『とりあえずカイジとか読んでくれねえかな』って伝えたら、一応読んだことは読んだみたいだけど、遊戯王で船の中で星の取り合いとかし出して。(参考にするのは)そこじゃねえだろ!って言いたくなった」

この講演(2006年)の時、まだ「喧嘩商売」は始まったばかりであまりその話が無いが、前作の話だけで十分に面白い。
遊戯王」(読んでない)の作者に「カイジとか読めよ」とわざわざ伝言した、というのは、わたしが以前から書いてた、木多氏も「ルール設定とその中での駆け引き」を描く一連のムーブメントの一員だということを自認してるってことかもしれないな。