INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

俺が講談社なら「ああ播磨灘」を大増刷する。その作者・さだやす圭は「鈴木孫市」をテーマにどこかで新連載。

ああ播磨灘 (1) (講談社漫画文庫)

ああ播磨灘 (1) (講談社漫画文庫)

型破りな横綱が、そのスサノオばりの傍若無人ぶりに大ヒールとなる。だが、土俵ではあまりに強く強すぎるがゆえに世間を巻き込み、ゆさぶり、嵐を巻き起こす・・・という作品。私たちにとっては「言わずもがな」なので、絡めて書きそうなid:washburn1975氏の「男の魂に火をつけろ!(←作風の決め付け)」も含めてあまり取り上げない。わたしもまぁ大前提みたいな話なのでふつーなら書かないのだが、最近「世代差」というのをとみに感じていまして、この作品ってモーニング本誌で連載開始したの、もう20年も前なんだわ。
今の若い人、知らなくっても逆に当然なんだわ。
そういうわけで、朝青龍騒動の関係で、逆にこの作品に光を当てることも必要かと思う。
http://aaharimanada.web.fc2.com/index.html
あ、そうそう、この漫画の特徴は、横綱になった播磨灘
「わしはこの先、1回も負けん!一度でも負けたらその場で引退する!!」
と宣言しているということ。連載をリアルタイムで読んだときは「なんでこんなに、ストーリーに制約を設けるの?話に無理が出るだろうし、うまくいっても勝ち勝ち勝ちのワンパターンじゃ面白くなるわけ無いじゃん」と思ったが・・・

どうなっていくかは、実際の作品をお読みください。

んで、作者が「鈴木孫市」を主人公に連載を開始した。

どこかのマイナー的な雑誌だった。えーと、コンビニで読んだから・・・あとで調べますね。皆さんも各自調査してください。