INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

さらばシネカノン、か・・・いや民事再生に期待

シネカノン民事再生法適用を申請


 調査信用会社の帝国データバンクは28日、映画製作配給会社のシネカノン(東京都渋谷区)が民事再生法の適用を東京地裁に申請したと発表した。負債総額は約40億3000万円。

 89年創業。韓国映画ブームの火付け役となった「シュリ」を配給して注目され、邦画「パッチギ!」(05年)「フラガール」(06年)などの製作、配給を手がけた。【佐々本浩材】

あたしの韓国映画No1はJSAだが、「シュリ」も面白かったね。
http://www.cqn.co.jp/
にこれまで配給、製作、上映した映画の一覧がある。

質でも興行でも、ヒットもあれば空振りもあり。
もともと板子一枚下は地獄の、相場師や株屋とあまり変わらない部分はあるものなあ。


映画の上映権の買い付け商売や製作のプロデューサー、たしかに「ごっこ」じゃなくてマジにやっていると、ひりひりするような緊張感を味わうことができ、アドレナリンが出まくるのかもしれない。
ギャンブル依存症」というのは医学的な病気であるとWHOが定義しているらしいんだけど(ですよね?)、じゃあ「興行依存症」になっている人がいてもおかしかないような・・・「W☆ING」をやっては潰すという、イバちゃんみたいな人?

まあシネカノンはそうならずに、着実に民事再生してほしいものだ。どこに今までの映画の権利が行くかもわからんし。