INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

戦極メインは小見川道大。彼と宮田和幸(+マッハ)の「土浦日大」話が面白い(ゴン格)

「ネオ柔道」は好きな闘い方だが、日沖発がなお一歩有利だと思う。ただ、長身からのさば折りで上を取るのも日沖の勝ちパターン。それはできないと思うから、どんな感じでどちらが先手を取るかも楽しみ。

さて、その小見川は土浦日大高校宮田和幸と同級生、桜井”マッハ”速人も同じだったと。
小見川−宮田の同級生対談がゴン格に掲載されている。

GONG(ゴング)格闘技2009年12月号

GONG(ゴング)格闘技2009年12月号

「当時の管理社会が、今も軽いトラウマになっているよ」(宮田)
「生まれたのが何ヶ月早いだけじゃねえか!って毎日『クソッタレ!』と思ってた」(小見川)


とか言ってるんだけど、司会が「じゃあ先輩になったら後輩には優しかったんですか?」と聞いたら

いや(笑)それどころか、俺とミッチーがヤバイっていうのを(他校の)水戸の後輩が知っていたくらいですからね。

と、因果はめぐる糸車。ここからがすごい。

−−いったい、何がそんなにヤバかったのでしょう(笑)
小見川「生活態度じゃないですか。」

わかりやすっ!!!

宮田「高谷君が喧嘩番長だったりするでしょ?俺らはそんなんじゃなくて、とにかくだらしなかった(笑)・・・悪ぶりたくて学校に行かないとかじゃなく、普通に面倒くさくて行ってなかったから。純粋にパチンコが好きだったんですよね(笑)」


小見川「制服でホールに行ってたからね」


宮田「モーニングでコイン拾ってやって当たりをだしたりとか、高校生で金が無いなりに、俺たちはほとんど勝ってたよね」

はい、ここで想像してください。
学ラン?の小見川・宮田が闊歩して、コインを拾っているパチンコホール。ヤクザよりたちが悪い営業妨害だわ。


とりあえず「土浦日大が危険」だということはよくわかった。大洗のくらげも怖いが、土浦日大高も怖い。茨城は千葉と国境を接しているが、高谷のチームとこの高校がもめなくてよかったな。

あと、今回はまださわり、簡単なスケッチっぽいが、金原弘光高山善廣UWFインターの思い出話が4、5回対談したりコラムを書いてもネタ切れしないように、この二人プラスマッハの「土浦日大高物語」はまだまだネタがありそう。
マッハを除く2人は同高の寮暮らしだし。・・・とはいえ小見川はその寮ですら追い出されたというから、どんなんだよ(笑)


ふと、下のエントリともつながるんだが、格闘家でこういうエピソードが面白い連中を呼んで「すべらない話」をさせたらどうなるかなぁ、と今思いついた。
当確は金原、TK、佐藤光留高谷裕之郷野聡寛勝村周一朗・・・とか。
逆に呼べないのは
近藤有己 (純粋につまらない・・・つーか当たってもさわやかに「何も無いです」とか言いそうで)
船木誠勝 (新日時代の新弟子かわいがり話がコード的に放送できないから)
秋山成勲 (「すべらない話」にどうして登場できよう)