INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

BS朝日で夜8時から「じんべえざめ」特集

ツイッターみたいにつぶやく

・じんべえさめはどんどん小さくなっているらしい。えさの魚の乱獲のせい?
・じんべえさめの回遊の軌跡はまだ不明とか。
・標識をつけて動きを追う。
・息子がじんめえざめファンなので、電話をかけて「今日、パパは何したと思う?じんべえさめに標識をつけたんだぞ!」と自慢(笑)
・おまけにその息子に3匹を命名させる(笑) ハーミッシュ、ジャック、あと1匹。
・世界で5箇所ぐらい、じんべえざめが見つかる地域がある。これは同一人物(さめ)か?
・違う場所で採取したさめのDNAがほぼ一致したことがあった。
・要はインド洋を越えたりする大航海をじんべえざめはしてるのか、どうか。
クリスマス島へ行くのか?
・この島にゃ、かにがたくさん。アカガニだ。大移動だ。
・一年に一度、何百万匹のアカガニが集団産卵。じんべえさめはその卵を食いにここにきたか?学者「それは謎」
カニの特集にしたほうがいいんじゃないか(笑)
・「カニが卵を産むのは、海水のある海岸だけです」って言ってたが、海水のない海岸なんてあるものか(笑)
・じんべえさめのフンからアカガニのDNAが出た。彼らはカニを食うためにきた・・・って、ジンベイザメは海水をこして栄養をとるんだろ?偶然にだって体内に入るじゃん。あれだけ大量の卵なのに(笑)
・結局番組のメイン仮説だった「じんべえざめは七つの海を越えて泳ぐのでは?」というストーリーは「しない」でオチ(笑)。科学番組はしかたないけどね・・・・


世界最大の魚
ジンベエザメの謎

10月23日(金) 放送

世界最大の魚、ジンベエザメ。実は、その生態はほとんど知られていない。
海洋生物学者マーク・ミーカンが、その、謎に包まれた実態に迫るべく、1年間に渡ってジンベエザメを追い続ける。
ジンベエザメははたして、西オーストラリアから、インド洋のはるか彼方、アフリカまで移動しているのか?
人工衛星による追跡調査やDNA鑑定など、最先端の科学はどんな答えを導き出すのか。
番組は見事な水中映像を織り交ぜながら、温和な巨体ジンベエザメの謎を解き明かしていく・・・。

自分は今、自分のテレビでデジタルBS放送が見られることを知った(笑)
録画はできないんだったかな、たしか。でも良かった。
じんべえさめか。ダイオウイカvsじんべえざめはあるのか。