INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「鳩山邦夫の乱」の陰で、またもナベツネ暗躍?その時、読売記事は…&社説比較が面白い

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090613k0000m010137000c.html
どこの新聞も政治読み物に力を入れているが、毎日新聞がすごかった!!

(略)・・・鳩山氏が公の場で西川氏の進退に初めて言及したのは、5月8日の衆院予算委員会での答弁だった。

 その後、西川氏の後任探しにも動き、鳩山氏は5月27日には、鳩山氏と懇意な渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長兼主筆から西室泰三東京証券取引所会長でめどがついたとの連絡を受け、西川氏の交代に自信を示した。

 鳩山氏のボルテージは6月に入って急激に上がっていく。

 6月3日夕。鳩山氏は渡辺氏と東京都内で極秘に会談した。関係者によると渡辺氏は「鳩山さん、あなたは英雄だ。西川は悪者だ」と激励。さらに「あなたを切って西川を残す。これがどういうことか。簡単に分かる話なのに、麻生(首相)も与謝野(馨財務・金融・経済財政担当相)も分かっていない」と語った。渡辺氏の一言一言が鳩山氏を鼓舞したのは間違いない


「平成の妖怪」の称号を与えるとしたら、ナベツネしかいないかもしれない。
その時、読売新聞は。

首相、当初は「西川交代」…竹中・小泉コンビが封じ込め

 麻生首相は当初、日本郵政西川善文社長を交代させる意向だった。

 今年2月、首相官邸の執務室。首相は鳩山邦夫総務相と会い、日本郵政の6月の株主総会で西川社長を含む取締役を一新するよう指示した。「ポスト西川」の候補として、NTTの和田紀夫会長、生田正治・元日本郵政公社総裁、西室泰三東京証券取引所会長らの名を記したリストも手渡し、水面下の調整をゆだねた。
(略)
 しかし、直後から巻き返しにあう。

 指名委員会は、委員長を務める牛尾治朗ウシオ電機会長を始め、郵政民営化など、小泉元首相が進めた構造改革に積極的な財界人が名を連ねる。そうした委員を通じて鳩山氏の動きを察知したのは、構造改革の旗振り役だった竹中平蔵・元総務相だった。

 竹中氏は小泉氏に相談した。小泉氏は2005年、竹中氏を通じて西川氏と知り合い、社長就任を要請した経緯がある。すぐに指名委の委員を「西川続投」で説得して回り、首相や鳩山氏の動きを封じ込めた

 結局、指名委は5月18日、西川氏を続投させる方針を決めた。
(2009年6月13日01時49分 読売新聞)

これはこれで一面の事実を伝えているのだろう。読売の、そこのトップの「立場」はまた別にあるとしても。
読者はその「立場」を知った上で、その立ち位置に映る光景を見比べていけばいい。

「鳩山更迭」各紙の社説を読み比べよう!!

社説比較くん」はこういう日のためにある。必読だ。
http://massacre.s59.xrea.com/othercgi/shasetsu/index.xcg?event=1063