INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

竹中平蔵vs亀井静香サンデープロジェクト 可能な範囲で要約

聞きながらリアルタイムで要約した。
当然追いつかないで、聞き逃しや誤解も多いだろう。

見逃した人はCS「朝日ニュースター」で夜に再放送がある。YOUTUBEにもあがるだろう。

自由主義経済

竹中 「新自由主義経済の終焉というが、ヨーロッパも深刻だ」
亀井 「竹中さんは優秀なマシーン。郵政民営化はもう私たちが元に戻すから竹中さんは未来に向かって、以前の失敗を認めて新たな政策を進めてほしい。協力をしてもらいたいぐらい」

郵政民営化の是非

竹中「西川さんの体制は着実に成果を上げていた。それに反対する側が追い落としを図っている」
亀井「郵政民営化でいいことがあったものはひとつもない」

竹中「利益が三倍、四倍になった。国に納めるお金も増えている。潰れた郵便局も民営化後は一件だけで、民営化以前のほうが廃止は多い」
亀井「元気がなくなった局、サービスが悪くなった局が多い」

かんぽの宿

亀井「かんぽの宿の入札問題はもう犯罪だ。わが党は東京地検に告発するつもりだ」

竹中 「一括で売却というのは国会の付帯決議。あなたも賛成して可決された」
亀井 「それは二日前にあなたが(※これ、当時の状況しらないとよくわからない。いきなり出てきたということか)」

竹中 「一括売却しないと雇用が維持できない」
亀井 「転売されて雇用が維持できるものか」
竹中 「転売は公社時代だ」
亀井 「いや昨年もある」


竹中 「かんぽの宿で2000億円のものを100億円で売ったというが、『100億の価値しかないものに2000億円をつぎ込んだ』というべきだ。100億というのは総務省の専門家がやった試算でもだいたい同じ。再入札でもあまり差はないだろう。売却遅れで赤字を負担するから国民負担は増える」

亀井 「現に1万円のものが数千万で転売されているじゃないか。鳩山邦夫さんまで異議を唱えている」


竹中 「入札の末端のことは情報公開をどんどんすればいい、それは賛成だ。だが鳩山さんは総務相で、本来調べて報告する立場。怪しい怪しいというだけなのはへんで、本来自分で「調べたらこれとこれが、こうおかしい」というべきなのに風評を広めているだけだ」
亀井 「実際に鳩山さんも調べ始めている」


オリックス規制緩和関連の事業にかかわる是非

亀井 「宮内さんが議長の会議で規制緩和をして、オリックスがそれで儲けるというのはおかしい」
竹中 「規制緩和はあわゆる分野に及ぶ。かかわった人間がその商売をするなというのは結果的に民間人排除の論理だ。国債規模を決める会議に出た人は国債を買えないのか」
亀井 「それは極論。武士として日本のためにやる人は、自ら自粛するのが当然だ」