INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

その田母神がテーマで、今日は朝まで生テレビだった。

あやうく忘れるところだった。

放送日:11月28日(金)25:20〜28:20
       (11月29日午前 1:20〜 4:20)


田母神俊雄航空幕僚長(当時)の論文が物議を醸しており、参議院では参考人招致が行われました。現役航空自衛隊の最高幹部が政府見解に反する論文を発表したことから、シビリアンコントロールの形骸化を指摘し、戦前回帰を危惧する声もあります。果たして田母神氏のこの確信犯的言動の原点はどこにあるのでしょうか。また海上自衛隊の暴行事件疑惑、守屋事務次官収賄罪による実刑判決、など不祥事が相次いでいます。
 そこで今回の「朝まで生テレビ!」では、田母神論文の問題提起とその内容の問題点とは?今自衛隊はどうなっているのか?自衛隊に対する理解と信頼をどうすれば回復できるのかを議論したいと思います。


司会: 田原総一朗
進行: 長野智子渡辺宜嗣テレビ朝日アナウンサー)
パネリスト:

平沢勝栄自民党衆議院議員
浅尾慶一郎民主党参議院議員
井上哲士日本共産党参議院議員
辻元清美社民党衆議院議員

潮匡人(元防衛庁三等空佐)
姜尚中東京大学大学院教授)
小森陽一東京大学大学院教授、「9条の会」事務局長)
沙音里(シンガーソングライター、元陸上自衛隊陸士長)
田岡俊次(軍事評論家)
西尾幹二(評論家)
花岡信昭(ジャーナリスト)
水島総(脚本家・映画監督、「日本文化チャンネル桜」代表)
森本敏拓殖大学海外事情研究所所長)


個人的には秦郁彦が出ないこと、プラス懲戒免職や言論の自由を法律論から論じる専門家がいないのが残念。
CS朝日ニュースターでも土曜日に再放送

最後の集計結果

田母神支持が不支持を上回っていたが、基本的に田原が朝生で比較的中立的に司会するときと、一方に偏った時では違ってくる気がしている。
つまり田原がAの意見で強引に進行すると「あいつを困らせてやろう」と非Aの意見になることが多い、気がする(仮説です)。

あと、最近の生テレビトレンドでは民主党が有利だった気がするが、その整合性は。
逆に「田母神的なテーマでは保守的だが、それでも(次の)投票は(あえて?)民主党という、「保守系民主支持」層が相当に厚みを増しているのかもしれない(仮説です)

朝まで生テレビアンケート結果
Q:田母神発言に共感できる? YES 61% NO 33%


YESの内訳(総計303件)
1・論文内容は正しい 47件
2・田母神氏の意見は正しい 30件
3・日本は侵略国家ではない 22件
4・日本だけが悪いとはいえない



NOの内訳(総計164件)
1・立場上問題がある 39件
2・論文内容に説得力が無い 22件
3・田母神氏に賛成できない 21件

(※両方とも、選択肢?がめちゃくちゃな気がするが・・・)

田母神氏は12月1日に外国人特派員協会で講演する

田岡元帥、なんであの歳で「朝生」を終えた後、平然と午前11時放送の「愛川欽也パックインジャーナル」に生出演できるんだ・・・


それはともかく、その番組での情報だけまずお伝えすると田母神氏は小見出しのとおり外国人特派員協会で記者会見するそうです。
記録として残しておこう
http://www.e-fccj.com/

Dec 1 (Mon) 12:00 Toshio Tamogami, Former ASDF Chief of Staff

http://www.e-fccj.com/node/4065


Toshio Tamogami, Former ASDF Chief of Staff
Time: 2008 Dec 01 12:00 - 14:00
Summary:

Professional Luncheon,
Toshio Tamogami,
Former Air Self-Defense Force Chief of Staff
Language:

The speech and Q& A will be in Japanese with English interpretation
Description:

Former Air Self-Defense Force Chief of Staff General Toshio Tamogami was dismissed on Oct. 31, hours after publishing a controversial essay about Japan's role in China and during WWII in which Tamogami asserted that Japan was not a wartime aggressor.

Tamogami remained in post until his retirement on Nov. 3, at age 60. Despite being asked by Defense Minister Yasukazu Hamada to do so, Tamogami declared at a Nov. 12 Diet hearing that he would not return his retirement benefit of 60 million yen.

In the competition-winning essay sponsored by the APA Group, a private urban development company owned by Toshio Motoya, Tamogami referred to the government's interpretation of the Constitution, which holds that Japan possesses the right of collective self-defense, but may not exercise the right. The essay was awarded a prize of 30 million yen.

Not a man to shy away from controversy, at this event, Tamogami will present the message he truly meant to get across in his essay. He will also touch on his demotion and resignation in light of the larger issue of freedom of expression in Japan.

Sandwich: Smoked salmon, avocado & mizuna on rye
Hot plate: Baked golden chicken, yukari rice & green vegetables

Please reserve in advance to help us plan properly (still & TV cameras inclusive). The charge for members/guests is 1,350/2,300 yen for the sandwich plate and 1,700/2,600 yen for the hot plate. Cancellations will be accepted up to 24 hours prior to the event for Associate members and guests, and one hour prior for working press members (by telephone only on the day of the event). Reservations are not complete without confirmation.

Professional Activities Committee
Posted by Hyon Suk Chung on Mon, 2008-11-17 15:28
posted in: PAC lunch
calendar

いちどボブ・サップ会見のときに書いたが、ここは日本人記者クラブの閉鎖性を批判する側であるから、けっこう公開されている、はず。この件に関しては後で。