INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

谷川氏「秋山の今の方向性は不本意」「危険な相手に突っ込んでいかないのが問題」(kamiproより)

kamipro SPECIAL買いやした。

今回、購入するのにえらい苦労をしましたわ。売れ行き好調で、今まであった店から売り消れていたと考えたいが。


そんなspecialの表紙を飾るのは秋山成勲なんだが、例のぼくが提唱した「今後の秋山は、スターの地位を維持するためぬるい試合しかしない」理論を補強、肉付けしていって「小狡い駆け引きをする魔王」というキャラクター・イメージで誌面展開をするものだった。


ただこれも、ぼくが書いた後で青木真也が追随したんだが(?)「相手に負けないよう細心の駆け引きや計算を展開、なおぐずぐず言いだして、闘うのか闘わないのかわからない魔王」というのは、そもそも言葉として矛盾というか不自然な話でして。


青木の言うとおり、ホントに魔王なら「誰でも来いやー」というスタンスでやらないとね。


小ずるいよあいつ!でスーパー悪役のイメージを保つには、ちょっとパワーが弱い。商売として長期に引っ張るのにはちとつらい。


さて、そういう秋山のスタンスへの苛立ちを谷川貞治氏が表明している。インタビューより(30−31p)

ーー今の秋山選手の方向性というのは谷川さんとしては本意なんですか?
「それは不本意ですよ、うん。
(略)吉田選手がなぜPRIDEのファンに受け入れられたかというと、やっぱりヴァンダレイ・シウバとか、ミルコ・クロコップとか、危険な相手に突っ込んでいったからでしょう。
(略)秋山君はそういう試合をまだDREAMで一回もやっていないから。ボクが知ってる中ではデニス・カーン戦ぐらいだよね。でもあの試合ですらイベントを背負ってたわけじゃないんですよ。自分しか背負っていない。桜庭戦での騒動があって、どうしようもない状況に追い込まれて、デニスとやらざるをえないところにもってかれたわけだから」


「(デニスやメルヴィン・マヌーフなど)ヤバい相手に突っ込んでいった時にベビーターンすると思うんだよ。勝ち負け関係なくね。だから秋山くんは今回のベスト4ファイター、それとメイヘムなんかと闘うとおもしろくなるだろうね。
(略)そこに突っ込んでいった時に、ファンは秋山成勲というファイターに乗れると思うよ。吉田選手じゃ無いとボクは思うんですよ。」


「(現在のカード、対戦相手の選定は)本人の意向でしょ、それは。だって笹原くんたちはそういうカードは組まないもん。笹原君たちってそういうバクチ的なカードを組むじゃない。
(略・所英男はそれに乗るが)秋山くんはそこに乗ろうとしないもんね」


「吉田選手と戦いたいから戦極へ行ったとして、それによって秋山くんの人気が上がったりファンがつくとは思わないけどなあ。(略)いまの世間が秋山VSジャカレイと、秋山VS吉田選手、どちらでヒリヒリしてくるのかというのはちょっとわからない(略)。昔だったら圧倒的に秋山VS吉田だけど、いまは本当に微妙(略)」


うーむ。もっともなんだが、「あんたが言うのも無責任とちゃうか」という思いもちょっとする(笑)
ただ、最後の「いまの風向きでは、吉田VS秋山以上にジャカレイVS秋山が受けるかもしれない」というのは、秋山への牽制や皮肉を超え、何かの嗅覚が谷川氏に働いたのだろうか?
ちょっと興味深いひと言です。

以前だったら英訳したかったところだが、いまはそんな余力が無いのでFIGHTOPINIONに期待するわ。