INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

パンクラス、一発逆転の願いを込め…北岡、吉朗再び大舞台へ

パンクラスとか修斗とか竹内出の話題が巻頭記事になるとあんまり来訪者が多くないのだが(竹内を名指しすんなよ)、昨日、タイトル戦の直前に挑戦者が引退するというパンクラスの超ズンドコを書いたところ、スポナビブログからの来訪者が1000を超えた(笑)。
最終興行マニアって多いんですね(違う違う)。
冗談はともかく、普通にファンとして会場に行くだけでも最近の集客、そして組まれるカード(選手の豪華さ)が右肩下がりで、不安は正直増すばかりである。

しかし!ウォーター・ビジネス(水商売)のいいところは一発逆転があるところ。
かつて全日本女子プロレスもビューティー・ペアでそれまでの赤字をすっかり解消、その後また赤字になっても、クラッシュギャルズ人気であっという間に借金を返したというではないか。現金が金庫に納まらず、ダンボールにぶち込んで足で踏んで詰め込んだとか。


つまり新スターが生まれればすべての悩みは解消する。
ということで、今度、戦極に出場する北岡悟が勝ち進み、あっぱれスターになる。
これがパンクラスの一発逆転のひけつである。 どんな神風頼みだよ。北岡が別の意味でKAMIKAZE状態になるかもしれんのに。

というわけで、北岡は歌を歌えるだろうか。クラッシュギャルズばりに、もしくは秋山成勲ばりに。
声優経験もあるから大丈夫かしらね。
そして尾崎社長は焼きそばを会場で焼いていただく。
まあ、「勝ち進みさえすれば(この条件自体が難しいけど)北岡悟は大人気のヒーローになれるのか?」という大きな問題が存在しているわけだが(笑)。


そして前田吉朗vsハニ・ヤヒーラ(WEC)

これも海外情報紹介サイトは軒並み話題にしていますね。

これは小耳にはさんだ噂話ですけど、WECは契約の書面にはないような制約も「空気読めよおまい」みたいな感じで選手にかぶせてきて、いろいろとキュークツな部分もあるらしい。まあ、それを埋め合わせるようなチャンスをこうやって与えてくれるんじゃ文句もいえないか。
ヤヒーラという選手、KIDに(反則があったとはいえ、まあ記録としては)KOで敗北しているのだが、かつてHERO'Sトーナメントベスト4にも進んだ実力、ことに寝技のキレはまちがいなく天下一品どろどろスープ(一部受け)。KIDがこの実績を「おれに挑戦したいならまずヤヒーラに勝て」と盾とするのもわかる。ヒクソンの弟子、強い男ですよ。そういえば前田はヒクソン・グレイシーvs船木誠勝を見て格闘技を始めたんじゃなかったかな?

前田は前回の名勝負で評価を高めたとはいえ、名勝負での評価は記録としての勝ち星を得るより不安定なものがある。
なんとかかって、WECの地位を磐石にして欲しいものだ。オファー連続で国内で試合できないぐらいに・・・あれ、それじゃパンクラス的にはだめじゃん!・・・・でも防衛期限とかマルロン・サンドロの挑戦権とかどーすんだろね。高谷裕之が一度修斗に出場したような許可をWECには望みたい。