INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

山本kid徳郁に朗報!ユライア「減量OK」。このKID対決こそ「夢」。だが…

NHBニュース( http://blog.livedoor.jp/nhbnews/ )とダブルポストです

【海外総合】 ユライヤ「山本 kid とやるために、階級を落としてもいい」 < Gryphon
http://blog.livedoor.jp/zeataka/archives/55055354.html


”カリフォルニアkid”ユライヤ・フェイバーの発言

ユライア
「私は155まで上げることについて会談をしました、そして、135に下がることについても会談をしました。」


「私は、彼が現在135-pound でいると聞いています。 私は、135に落としても問題がありません。 それは誰でもが見たい戦いです、そして、私はそれを実現させたいです。」


相手がいないことが何よりの問題だったKID級ことバンタム級
あらたに「壁」ができたかと思われた65kgと61kg、その壁をなんと多くのメディアで「『KID対決』もしあらば?」とはやされた”カリフォルニアKID”ユライア・フェイバーのほうから超えてくれると約束してくれました。

現在、本来的なWECの同階級王者は6月1日に前田吉朗の挑戦を受けるミゲール・トーレスだ。
前田がWECのタイトルを億が一持ち帰れば、佐伯繁氏との関係もあり自前でバンタムが盛り上がるかもしれないが、その可能性はかなりうっすい。なにしろ現在32勝1敗だってさ。


そういう点ではWECでフェザー王者が特別減量し、山本KIDとやるというのは、何となくお祭り感覚で、むしろいいのかもしれないです。

この前この道場本舗でも触れた
所英男今成正和が俺(KID)とやりたいなら、ビビアーノ・フェルナンデスハニ・ヤヒーラに勝って来い」という台詞がありましたけど、これはミゲール・トーレスチェイス・ビービーと戦いたい、という発言とセットになっている。


(54−55P)

ちょっと俺、アメリカのチャンピオンクラスとやって、アメリカでも俺の名前を売りたいから


その意気や良し。
アメリカのファンの期待もかなり高い。
だが・・・

−−アメリカに進出したい気持ちもあるんですか?
KID:向こうでやってみたいけど、俺はWECに行けないでしょ?


−−まあ、いろいろ障害はあるでしょうね。
KID:日本の皆が悲しむでしょ?


−−悲しみますね(笑)
KID:だからWECのトップクラスを日本に呼んでもらってやりたい


これはTBSとかFEGの都合もあるだろうけど、何よりまず、俺たちファンがマジ気合入ってねーからKIDさんを心配させるんだよ。
え、俺たちん中に、KIDさんが世界に大きく羽ばたこうって時に「KIDさんの試合、日本で見たいッス」とか、シャバいこと言ってるやつがいっからKIDさん心配するんだよ!!

KIDさん、俺たちマジ平気っすから。
だって俺たちのほうが海外に行って、応援しますから。
悲しむとか言うやついたら、気合入れなおしますから。
KIDさんの金網、マジやばいッス。
WECはこの前、トップのヤヒーラをこっちに送ってくれたんだから、こっちからもトップを送ってやらないと、ケジメとれないっす。高谷とか前田とかじゃ、まだダメッスよ。こっちから送るには、マジKIDさんしかいないですよ。


というわけで、ぜひ谷川さんや笹原さんは、一試合だけ、WECに山本KID徳郁を貸し出すという太っ腹な戦略にGOサイン出してほしいっす。またPRIDEミドル級みたいに「チャック・リデル借りたから横井宏考を貸すよ」というジャイアンもびっくりな、錬金術の法則にも反した不等価交換はやめてほしいっす。

WEC、ちゃんとスジとおせば分かるひとっすよ。