INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「秋葉原事件」を田原総一朗司会で、東浩紀、香山リカ、姜尚中らが論じる(10日サンプロ)

http://www.tv-asahi.co.jp/sunpro/contents/toppage/cur/index.html

8月10日放送 田原コーナー①
秋葉原無差別殺傷事件と日本社会


凶悪犯罪の連鎖が止まらない。

6月8日、東京・秋葉原で17人が殺傷された事件は社会に大きな衝撃を与えた。加藤智大容疑者が派遣労働者で、その待遇に強い不満を抱いていたこと。犯行直前まで携帯電話の掲示板にその心情を吐露し続けていたこと。そして犯行現場が、今の日本社会を象徴する街、秋葉原だったこと等、この事件には今の社会の歪みが表出したとの見方もある。それにしても、トラックで交差点に突っ込み、人々をはねたうえ、次々とナイフで襲いかかるという犯行の残忍さには慄然とするが、インターネットのブログや掲示板には、加藤容疑者を「神」と呼んだり、彼に共感する投稿が相次いだという。これは一体何を表しているのか?

この秋葉原での事件以降、八王子市の駅ビル内の書店で大学生のアルバイト店員が通り魔に刺殺された事件や、JR平塚駅で34歳の女が6人にナイフで切りつけた事件など、通り魔事件が続いている。そもそも、秋葉原の事件が起きた6月8日は、7年前に大阪教育大学付属池田小学校で8人の児童が殺害された日だった。

私たちはこうした凶悪事件の連鎖から何を読み解けばいいのか?
日本社会はどこに向かっているのか?
 
気鋭の論者がサンプロに集結。
日本社会の病理を探る!


≪出演≫
櫻井よしこ (ジャーナリスト)
姜尚中   (東京大学大学院教授)
香山リカ立教大学教授、精神科医
東浩紀   (東京工業大学特任教授、批評家)


どうよこれ。
なんか香山”ザ・インチキ”リカさんがしたり顔で論じるところを想像するだけでウンザリなのだが、姜尚中に至っては専門違いすぎてねえか(いまさら遅いか)。そして、田原仕切りの番組にでるのは何回目なのかな?はてなキーワードでの来訪者は圧倒的に多い東さんが登場します。この「顔ぶれ」の中で自分を売り出せるか。
こえはDEEPで、ここで結果を残したらDREAM、すなわち朝まで生テレビにも登場の道が開けます。もう出ていたらすいません。


もうひとつは韓国の右派vs左派の闘争がテーマらしい

韓国騒乱
〜急失速!“経済大統領”の危機〜


李明博(イミョンバク)政権が発足して約5ヵ月。大規模デモが続く韓国が、今、大きく揺れている。去年12月の世論調査では、大統領の支持率は8割超。
35歳の若さでヒュンダイ建設の社長、46歳で会長に就任し、韓国の高度成長を牽引してきた手腕で、経済再生への国民の期待を一身に受けた李明博大統領だったが…

今年5月には支持率は1割台に急落。発足100日あまりで、李明博政権に一体何が起きたのか。支持率低下の原因は、日本で報道されているようにBSE問題を発端とした大規模デモだけなのか?

我々は、李明博大統領が直面する危機の真相を探るため、韓国へ飛んだ。そこで繰り広げられていたのは、メディアを巻き込んでの保守、左派勢力の死闘だった。

ひょっとしてチェ・ホンマン問題にも出てきた「PD手帳」の話もでてくるかしら?