INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

今月の諸君!

2008年4月号 / 3月1日発売 / 特価680円(本体648円)

                                                                                                                                                              • -

特集●中華「一党毒裁帝国」の虚妄
北京五輪後、胡錦濤の「膨張戦略」は必ず破綻する
毒入り餃子こそ神の啓示。「日中友好」「東アジア共同体」に我々の将来を託すなど愚の骨頂だ

中嶋嶺雄国際教養大学学長)

“負け組”の怨念が油をそそぐ〈大中華バブル地獄〉の業火
拡大する格差をさらなる膨張で糊塗する無間地獄。中南海にはバブルを崩壊させる余裕すらない

森 一道(香港ニュー・エイシアン・インベスコ社代表)

媚中地球儀」と毒入り餃子の根っこはひとつだ
無自覚なまま、巧みな情報工作に踊らされる日本のメディア、企業。我々は抗議の声さえあげられないのか

西村幸祐(ジャーナリスト)

二〇〇八年台湾総統選挙と「海洋国家」日本の運命
東アジア運命の年。覇権主義に抗い、繁栄と民主主義を守るために、いま日本と台湾がなすべきこと

李登輝(前台湾総統
深田祐介(作家)



「CO2・地球温暖化論争」に最終決着!

肝心なのは「日本の立場」である
ペットボトルから京都議定書まで俎上に載せ、究極の顔合わせで展開する丁々発止の大激論

櫻井よしこ(ジャーナリスト)
武田邦彦(中部大学教授)
福岡伸一青山学院大学教授・分子生物学者)

日本版サブプライム問題の炸裂で地方は二度と立ち直れなくなる
グレーゾーン金利禁止で大赤字を背負う消費者金融。その損失は地方全域に拡散しつつある

水谷泰忠(外資系金融機関幹部)


国家指導者が「うつ病」に冒されるとき
チャーチルルーズベルト、そして安倍前首相も? しばしば現実となる国家存亡の危機

岩波 明(埼玉医科大学准教授)

元外務省安保担当者が提言

日米安保の「失われた10年」がはじまる
外交の現場で歯噛みした、戦後日本の平和ボケと軍事音痴の数々。平和を手にしたければ覚悟が必要だ

宮家邦彦(AOI外交政策研究所代表)

国産旅客機開発のために「挙国一致体制」を確立せよ
YS-11の夢よ再び! 日の丸ジェット復活には官民馴れ合い構造からの脱却が急務だ

清谷信一(軍事ジャーナリスト)
[集中連載]
イカラ総裁・前川春雄日本銀行が失ったもの2

大平総理に公定歩合引き上げを迫る

浪川 攻(東洋経済新報社記者)

[集中連載]
小津安二郎先生とわたし 最終回
巨匠たちの時代は去り、映画産業は衰退の道をたどる

山内静夫(映画プロデューサー)
《聞き手》石井妙子(作家)


特集●沖縄戦・集団自決 語られざる「真実」
目撃証言
「住民よ、自決するな」と隊長は厳命した
少年兵が見た決定的場面。深い霧に包まれた座間味島集団自決の真実が、いま明らかになる

鴨野 守(ジャーナリスト)

後世の価値観で沖縄戦の意味を歪めてはならない
山室建徳(帝京大学理工学部講師)

大田電文の秘められた真意とは――。歴史を内在的に辿り直し、戦死観の全体像を見極めよ

荒川洋治言葉と世界93 ■荒木和博月報「北朝鮮問題」33 ■大山行男窯変富嶽三十六景3 ■長部日出雄作家が読む『古事記』11 ■佐々木俊尚ネット論壇時評9 ■佐々淳行インテリジェンス・アイ70 ■佐藤 優保守再建6 ■杉原志啓音楽は国の響き9 ■高島俊男退屈老人雑録4 ■竹内 洋革新幻想の戦後史5 ■出久根達郎言の葉のしずく152 ■中野 翠この世は落語10 ■西木正明誇り高きろくでなしの時代10 ■樋口 進文藝春秋写真館24 ■古田博司乱蝉亭漫筆6 ■保阪正康ナショナリズムの昭和32 ■紳士と淑女 SHOKUN BOOKPLAZA
新刊書評北岡元東谷暁三浦小太郎 本の広場 読者諸君・編集後記