INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

戦極=”PRIDE亡命政府?”じゃあコンプライアンスはノープロブレム?

http://gbring.com/sokuho/news/2008_01/0107_sengoku_03.htm

「これがポイントですが」と前置きして「大会の運営・製作に関しては大晦日の『やれんのか!』を運営していた旧PRIDEチームに主体となっていろいろやっていただいています。戦極が面白い大会、エキサイティングな大会になるのかファンの方々は気にしているでしょうが、製作については安心してください」と、大晦日に開催された格闘技イベント『やれんのか!』の実行委員会が戦極のイベント製作にも携わっていくことを明らかにしている。

『やれんのか!』を製作した旧PRIDEチームがどれくらい戦極のイベント製作に関わるのかとの質問には、「主体として協力してもらいます」と明言。「佐藤大輔ディレクターの煽りVTRやレニー・ハートさんのアナウンスなどもあるのか?」との質問には、「かなり近い部分で製作していただきます。大晦日(やれんのか!)とほぼ近いイベントになります」としている。


えーー、もっとポイントがあります。
このスタッフに加藤浩之DSE専務って入っていらっしゃるんでしょうか?
格闘業界から足を洗うといっていた笹原圭一さんは入ってらっしゃるんでしょうか?
これ重要も重要。とくに前者は。

やれんのか?が終わって以降のスタッフ、選手は?
佐藤大輔氏がこの後は格闘技の仕事から離れるかもしれないと示唆しているようだが…それも撤回してほしいのは山々だが、他のスタッフは。

戦極でも、K-1でも、M-1でもいいのでがんばってくださいだ。それはもちろん、実際に戦う選手たちにもいえることだが。

まあ、来年のことをいうと鬼の黒崎が四角いジャングル。


以前こう書いたし、佐藤大輔立木文彦レニー・ハートはひょっとしたら五味隆典吉田秀彦以上にPRIDEらしさという点では重要かもしれないから基本的には大歓迎、というか最初からそうなら戦極よ、大晦日にもやればよかったんだよフェイントかけやがってこのお(笑)、てな感じなんですが。


このへんは「狂犬ブラザーズ」の「戦極と旧PRIDEははじめからずっと協力関係、後継関係だったがお財布は別なんでとりあえず大晦日は分けての開催となった」という情報が正しかったのかな、だ。


ところがところがだ。こんなことも以前書いたな。
これがまた、今読んでも十分面白いと自画自賛する。


http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20071128#p2
■[格闘技][WVR]「歴史は俺たちに何をさせようというのか?」「戦極」が旗揚げ

分裂の理由に「コンプライアンス問題」はあるのか

「やれんのか」とWVRが結局一緒にやれなかったことについて、ひとつだけ推測に過ぎないが、気になる話を。

ワールドビクトリーロードはやたらと「公正明大、透明性、闇の金なし」を強調するじゃないですか。それ自体は当然だ。日本に格闘技熱を一時の状態にまで復活させるには地上波放送を復活させねばならず、株主総会が怖い気の小さなテレビ局トップを安心させねばならないんだから。

ただし・・・以前、この大晦日興行復活が噂段階だったときに「テレビ局の”身体検査”で旧PRIDE幹部はOKなのか」という話を書きました。

「公正明大」「透明性」をうたうなら、それ即ち「旧PRIDEの上層部は関わらせない」という話になってしまうんじゃないだろうか(それが名目で、実際は権力争いだということもままあることだが)。それに反発したからこそ、確かに実績のある彼ら旧PRIDEの人々は「俺たち抜きで”やれんのか”。じゃあ『やれんのか』興行をおこなってやる」となったのでは・・・という、これは仮定のストーリーだ。



だから「やれんのか」がこの後、大晦日が過ぎた後に何らかの形で続くのか、そしてその場合、WVRとどう絡んでいるのかは注目しないといけないなと思う。というか、旧PRIDEと闇の勢力がどうこうという話は、業界的にはどうけりを付ければいいのかってことがいまだに分からん。疑惑の大半はオーソライズされていないから、要はテレビ局がまあいいだろう、と思えばそれでいいんだろうし、テレビ局とは関係ない中小規模の興行の場合や、仕事を委託されているだけの場合はわからんしね。


逆にいうと「戦極」が旧PRIDEスタッフを受け入れるのなら、白さも白し富士の白雪、ってことだろう、対外的には。でこっちが、もしくはスポンサーや地上波テレビ局が、「実は旧PRIDEと闇社会の関係…というのは無実だったんですね、誤解してましたよ」…となればいいんだが、逆に「なーんだ、戦極がピュア・ホワイトなんてタテマエの嘘っぱちなんだね」となったりしないのだろうか?
まあもちろん、佐藤大輔レニー・ハートの起用が闇社会とつながるとも思えんのですが、要は「やれんのか!」スタッフの起用というのは、そういう表のちゃんとした人たちが関わるってことと、そもそもやれんのかに携わったのか否かも、実はきちんとした形で公表されたことがない「加藤浩之氏らが関わっている」ということのどっちか分からない。

何しろ世の中には「肩書は無いがサッカーのJFLチームを運営する」というあからさまにあやしい人だっているのだ(笑)。

いくら戦国時代は「七度主君を変えないと武士ではない」といわれた乱世だったとしても。

タイトルに書いたネタはやっぱりやっておかないと

「新団体は『PRIDE正統政府』ではいかがですかな?」
・・・その案は、笹原を精神的によろめかせるには十分だった。

そんなことより地上波&PPVは?

http://kakutolog.cocolog-nifty.com/kakuto/2008/01/post_9355.html

・・・格闘技のダーティなイメージを払拭せんと立ち上がった面には共感したのに、進展しないビクトリー系。スポンサーがつきやすいと言われる吉田秀彦が参戦となっても地上波はつかない。いかに格闘技がブランドとして苦境に立っているかがわかる。


個人的には地上波は最初は難しいかも分からないんだが、「CSで後日放送」にはかなりがっくりきました。CS放送はいい、歓迎だ。むしろ1時間程度の地上波とかより。
ただ、PPVをやってほしかった。
ぶっちゃけ、パンクラスも両国大会とか、ZSTも第二回大会とか…DEEPも大田区体育館大会(マッハvs長南亮)とか有明コロシアム大会(美濃輪vs田村)とかPPVやったんだよ?変わったところではランブル・オン・ザ・ロックまでPPVをやった。
赤字を覚悟すれば(笑)PPVってできると思うんだが違うんですか?
これがないとメジャーな感じ…正確に言えばマイナーな中でのメジャー感が無いよ。

再考求む、だ。

他団体との日程調整も結局できなかったのか

たしか格闘技業界の中で、協調すべきは協調しようということでWVR日本総合格闘技協会は立ち上がったんじゃなかったっけ。まあ時期的に最初は無理だったのかもしれんけど、K-1と日程調整とか全然できてないっぽいんですが。
はっきりいって三月にホントにHERO'S(タイトル変更の予定アリ)を開催するんなら、戦極とのカードをやっぱり比較して「どっちかひとつにしとこうか…」になりますよ、個人的にも。