【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

GONKAKU読んで気になったこと。五味大晦日、修斗判定、韓国格闘技

五味隆典

「…たとえばKIDさん(山本KID徳郁)のような見ていてワクワクするような選手とならすごい試合ができると思うんです。」


「武士道GPをやっているときとHERO'SのGPをやっている時に『どっちが強いの?』って。KIDさんとだったら、互いに日本人選手のすごさを見せられる試合になるでしょうね」


「何kgでやれるか…KID選手にとって体重差は大きいですよね。どこまで落せるかな。(略)。もしファンやプロモーターが望むなら」


「JZ・カルバンのハングリー精神は見習うところがありますね。ただ俺とは世代が違います。彼の戦いには何と言うか…”色気”を感じない。もし彼との試合をファンが求めていて、そういう流れになるのなら、それはそれで面白いでしょうけどね・・・」


うーーーん、どう?
「一般のファンが望むのは、日本人対決。中でもvs山本KID徳郁
これは事実といえば、事実なんだろうけど…

山本KIDが最近言い始めた「俺は本来63kg-65kgの選手。これまでは中量級を盛り上げるために無理してやっていた。このジャンルは育ったし、本来の階級を育てたい」ってのはピカピカでガチガチの正論。

今まで、「五味と、間を取って67kgぐらいの契約体重ならやっていい」とか言ってたのも事実で、そのへんの整理がつかないから今はごたごたしているけど、どーもなあ。

これは俺が一般ファンに入ってないってことなんだろうけどJZ.カルバンとの試合のほうがよっぽど見たいよ。
「色気を感じない」?
何それって感じだが、まあ主観だからどうすることもできんかな。


プロレスススーパースター列伝ではバディ・ロジャースカール・ゴッチの挑戦について、
「あんなやつちっともおそれはせんが、おれはもっとファンにウケる相手とやりたいってことさ!」と言ってたな(笑)
(画像があれば張っておくのに…)


格闘家精神性評論家の( ´∀`)さんだって
黙っていないだろうし。


それはともかく、いま、手持ちのカードで考えよう。大晦日。五味がHERO'S参戦(日本の興行っていった以上)を前提とする。
そして「日本人対決」「一般ファンに受ける相手」・・・・

全部はクリアできないけれども、KID以外にもHERO'S日本人で五味に対峙できる人はいないことはない。
宇野薫は残念ながらあご骨折で治療中。
だが、そもそもKIDが「70kgならこいつに任せられるから」と言った朴光哲がいる。
ブラックマンバに何もさせず圧勝した宮田和幸がいる。
アマレス力とパワーでは無双の永田克彦さん(なぜかさん付け)がいる。


五味のイメージする、「夢のある試合」に一致するかは分からないが、まあまあ悪くないと思う。
いきなりKIDをやるよりは理屈にもあっていると思う。
ヤレ。

残り二つのエントリ(修斗判定、韓国格闘技)は、後日にします。

もーしわけない。