INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

山本KID徳郁vsハニ・ヤヒーラ。改心谷P、シリアスな敵ぶつける

というわけで、12月前に次々とカードが決まっていきます。それも、それなりに練られたカードが。
いいのか諸君、それで。
12月29日とか12月30日とかにバタバタとカードが決まったり、それが取り消しになったり、どっかのホテルでPRIDEは実質わしらがやってるんやの人たちが、私はゴミですかの人たちと色々と話し合いをするのこそ年末の正しいあり方じゃないのかね(笑)


ま、それはそれとして、今回決まったこのカードはほんとにいいカードだと思いますわ。
GONKAKU最新号で、実はKIDはこういっている

アメリカはけっこう(60kg台選手が)いるじゃないですか。WECとか。」

−−ハニ・ヤヒーラとかチェイス・ビービーとか。ビービーは今のWEC王者です。

「じゃあその選手とやりたいな。ヤヒーラはHERO'Sにも何回か出ていた選手ですよね。61kgまで落ちるんだ」


ただ、こういう発言をしていても、ヤヒーラとかとやることがあっても、まだまだ将来の話だろうと思っていましたね。海外にこの発言紹介しておけばスクープだったかな。

この前のビビアーノ戦で、寝技になったら(ってそこまでが大変なのだが)KIDはやはり柔術のバリバリよりかは劣ると分かった。そこで連続で、ヤヒーラだ。JZ.カルバンには敗れたものの、あれだって「出会い頭のフロントチョークというのは交通事故に近い」という見方も出来る。

60kg台の体重の話を、最近いうようになったことで、理屈としては正論ながら「HERO'Sに次々出てくる海外の強豪たちや高谷裕之と戦いたくないから、保身の後付の理屈なんじゃねーの?」という声もささやかれていた。
そこで体重をあわせ、HERO'Sにも今まで登場していた強豪ヤヒーラと闘うというのは、そんな声を一挙に払拭する重みがある。少なくとも自分はヤヒーラをそれぐらい買っている。

「僕はスターを作り出す」「ボクなら、ミルコをあんなふうには負けさせなかったなあ」とか言っちゃう、スターファクトリー会長の谷川貞治氏だが、そのスカウターでギリギリ見極めた末のKIDの獲物なのか、それとももうKIDには計算なんて不要という信頼性があるのか、はたまた単純にスカウターが故障しているのか(笑)効いてる効いてる。

でも、何にせよ結果としていいカードです。感謝。館長も檻の中から見守ってるぞ。

柔術界からの刺客!!

いや、オトナになってあり得ないってことは分かるけど、どうしてもこういうとき、
豪華な会議室にお金持ちそうな人々が集まって、
「強力な刺客を送り込み、タイガーをつぶせ!!」
と相談した、プロレススーパースター列伝タイガーマスク篇の、「メキシコプロモーター秘密会議」を思い出してさ(一部の人笑)。

結局「タイガーのカラテにカラテで対抗できる人材」
として白羽の矢が立ったのがウルトラマンだったという(笑)
ああ、あのコマあとで画像化しよう。

というわけで、みなさんも脳内で、ブラジル柔術家秘密会議で「KIDを葬り去る人材」として白羽の矢が立ったのがハニ・ヤヒーラだったというストーリーを作っておいてください。

意外やWECは柔軟。ヤヒーラはそこから貸し出し

http://gbring.com/sokuho/news/2007_11/1129_k-1_02.htm

またこの場を借りてヤヒーラを貸していただいたWECのスコット・アダムス氏に感謝を述べたいと思います」


http://blog.livedoor.jp/suck_me_disco/archives/51154037.html

・・・WEC側には筋を通して貸してもらったというから驚きです。UFCとは趣が違うのかもしれませんが、徹底した独占契約と排他主義を貫くと思っていただけに「ヤヒーラを貸した」という事実には仰天してしまいました。
これを機にMMAの大連立、融和路線は海外にも及ぶのか・・・

俺も驚いた。
だが、これも例によって預金額がパンパンに膨らんだ「KID銀行」から、王者以外の実力派が金を引き出せるかもしれない、という期待を背景にみると、WECが善意ばかりで貸してくれたとも思えなくなる。

それもひっくるめて、やっぱりいい試合ですねえ。
すごいすごーい、と初期の谷川流行語で〆ておきます。