INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

自衛艦の航泊日誌、そもそも廃棄するなよ。戦史研究室で保管しろ

日経新聞

インド洋補給艦、航泊日誌を破棄・防衛省が保存期間内に
 インド洋での海上自衛隊の給油活動を巡り、防衛省が補給艦「とわだ」の航泊日誌の一部を保存期間中にもかかわらず破棄していたことが16日分かった。同日午前の民主党の外務防衛部門会議で明らかにしたもので、2003年7月から11月分までの日誌を今年7月に破棄したという。

 同省の内規は、最後の日誌の記載日から4年間保存としている。担当者は「内規に反するが法律違反ではない。処分は調査を待ちたい」と述べた。

 防衛省は別の補給艦の航泊日誌について「保有しない」と説明した後、衆院予算委員会に一転して提出するなど管理の不手際が相次いでいる。(13:59)

航海日誌とは言わないのね。
それが事実か事実でないかは関係なく、「陰謀論」に絶好のえさを与えてしまった。というより、普通に怪しすぎるな。
「こんなにあからさまにあやしい廃棄は、自衛隊創立以来はじめてだ」とか嵐馬破天荒氏ばりに言いたいところだが、初めてでもないようだ(笑)。

で、なんかの半端な知識で、「事故に遭ったときなどに言い訳で改ざんしないように、航海日誌(航泊日誌?)は手書きが今も義務である」という噂を聞いたことがあるが(真偽未確認)、電子データは無いのかね。
で、そういうものはむしろ、義務が4年だろうが5年だろうが、自衛隊の戦史研究所辺りでまとめて保管するべきじゃないか?
4年が義務で捨てているなら、今争点のイラク戦争に関する資料が、今回問題になった部分以外にも次々と廃棄されているということになる。今回は逆に、”ミスのおかげ”で注目を浴びたが、このへんの資料を逆に、政府が(もしくは二院が院として)特例的に保存の号令をかけるべきだと思う。
そういっているうちに、今日も
「銀河の歴史が、また1ページ・・・・廃棄された」
となってしまうのである。うまいこと言ったが、言ってる場合じゃない。


関連というか勢いで今「嵐馬破天荒」で、はてなキーワードを作ってしまったが誰が今後使うというのだ。