INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

小田原では、ウメ子さん還暦祝いと合わせ「一夜城の野点」もやっていた。

これは何度も繰り返したとおり、16日から始まっている。

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/event/OCT/umeko60event.html

☆ウメ子思い出の写真&お祝いメッセージ展示
期間:10月16日(火)〜25日(木) 9:00〜17:00(入場16:30まで)
会場:小田原城常盤木門(入場無料)
内容:
・ウメ子の来園当時から現在までの写真約30点
・新聞記事約10点
・ウメ子をモデルにした絵本(久保寺こずえさん作)や油絵等約10点
・ウメ子をモチーフにした金属製レリーフ
・いただいたお祝いメッセージ

☆バースデーケーキ贈呈
日時:10月20日(土) 14:00〜
会場:小田原城址公園象舎前
内容:
・バースデーケーキの贈呈
・来園された皆様で歌を歌ってお祝い
・ウメ子の写生会(11:00〜、描いた人には記念品プレゼント。※画材はご持参ください)

写生会は知らなかったが。
それはよしとして、さらに追加情報。ウメ子さんへのケーキ寄贈の次の日となります。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/event/OCT/ichiyajou.html

第23回一夜城まつりと歴史ウォーキング(10/21)

     豊臣秀吉が小田原攻めのために築いた石垣山一夜城
その当時、ここで秀吉が 茶会を催したといわれていることにちなみ、邦楽演奏を背景に野だてなどが行われます。 その他にも楽しい催し物が数多く行われます。

日時 10月21日(日)10:30〜15:30 ※雨天中止
場所 石垣山一夜城歴史公園
内容 邦楽演奏、北條太鼓、小田原囃子、甲冑仕舞、合戦餅・鍋、野点、ちょうちん製作など
交通 当日のみJR早川駅・箱根登山線箱根板橋駅から会場まで無料シャトルバス運行(約30〜40分間隔、昼11:50〜13:30間で運休有)

【募集イベント】一夜城歴史ウォーキング
コース 小田原城天守閣広場(9:30受付、随時出発)〜早川方面経由〜一夜城歴史公園(解散)


ご存知の方はご存知ですが、(伝説上の)秀吉の一夜城にはふたつありまして、ひとつは岐阜・墨俣の一夜城。
木曽川にいかだを流し、それを引き上げてそのまま外壁をつくり完成させた云々ですね。

もうひとつの一夜城がこの小田原で、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%9E%A3%E5%B1%B1%E4%B8%80%E5%A4%9C%E5%9F%8E

です。壁は実は布で出来てたとか、完成後に間の森を切り倒して小田原から見えるようにしたので一夜にしてできたように見せたとかいろいろありますが。


「要塞vs要塞」という、どっかの銀英伝です(またか)。
その後、戦史では「塹壕」という形で両軍が対峙するのが一般的になったが、こういう形で本格的に要塞を築くってあんまりなかったんじゃないかな。他の戦史で例があるだろうか。

まあそういうわけで、一泊が可能な人なら行ってみるもよろし。自分も小田原には数回行っているが、この城は見たことが無い。


同時にですね、今、「へうげもの」は、利休の弟子だが豊臣秀吉に反発し、北条方に走る茶人が出てきているでしょう。
山上宗二http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%8A%E5%AE%97%E4%BA%8C)。

この人の数奇かつ残酷な運命(この「数奇」は現代的用法)はウィキペディアの通りだが、そういうわけでへうげものでは今後、小田原攻めと茶会に関するエピソードが登場するはず。
秀吉の小田原攻めは、篭城する敵の動揺を誘うためと、包囲戦で兵や大名に厭戦気分が出ないよう、この一夜城などで連日茶会や仮装大会などの催しが行われ、市場なども立ったという。

へうげものでは、ここで古田織部が活躍すると思われるので、21日にこの城跡で行う茶会というのをのぞいて、参加してみるのも同作品のファンとしては味わい深いのではないかいな。

わびさび。