INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

kamiproが技術解説に踏み出したが・・・肘打ちと頭突きについて

あまり後で後でと言ってると捌ききれないので、ひとつだけ書いてく。
今回「紙のFIGHT&LIFE」とか自虐ネタを加えつつ、TKにkamiproは技術解説をしてもらっている。テーマは勿論「ミルコ・クロコップの敗戦と肘打ちについて」。
で、TKが解説したり、あるいは別ページで今井賢一氏がTKから聞いた話を伝聞で伝える記事だと「一発で足に来た」「マーク・ハントのパンチより、UFCのグラウンド肘のほうが効いた」「一発で足に来た」とかエルボーの恐ろしさがいかんなく紹介されている。
でさ、エルボーはルール上禁止したほうがエキサイティング(動きがある試合)になるのか、安全性やカット終了がなくなるのか、それともあったほうが膠着しないのか・・・そういうルールデザインに関してはどうでもいい。


ここで言うておきたいのは、今ではめっさ言う人も少なくなった「路上の現実では〜が有効」という話だ。
PRIDEやUFCは、今後もすばらしい競技、エンターテインメントとして進化していくだろうケド、このMMAを喧嘩のシミュレーション、あるいは護身の参考にしたい人にとっては、既にどこのプロモーションも禁止した「グラウンド頭突き」と、今回の「グラウンド肘」でファイナルアンサーってとこじゃないかなあと。

「喧嘩に勝ちたいなら、やっぱりレスリング。
何でもいいからテイクダウンして、上になって、
後は相手の顔面に頭突きと肘を入れまくれ」

ジウジツ(柔道)もキックボクシングもキャッチレスリングもサンボもそれぞれ有効だし心身を鍛え礼儀を学べるだろうが、町の喧嘩に勝てれば(身を守れれば)いいとか、あるいは中学校の教室の中でそれなりに強ければいいとか、志が低いというかつつましいというか、そういう人もいるわけでね。
んで、今ほんとうに中学生レベルで「クラス内の喧嘩で強い側に入りたい」という、技術的にまっさらな人がいたとして、同じだけの努力を払わせるならいろんなマーシャルアーツより、レスリング +とにかく上になったら相手を抑えて頭突き頭突きパッチギ!たまにエルボー入れろ・・・・より強そうな技はないんじゃないだろうかにゃあ、と思うわけです。

まあ何がいいたいかというとマーク・コールマン最強。

そういえばグラウンド頭突きOK時代のコールマンの残虐超人っぷりの画像とか、YOUTUBEとかにないかな?